人と動物が幸せに共生する社会を目指して

飼い主さん募集

2023年7月時点で推定3-5歳
オス
COS23011

NEW!

2023年6月、札幌市動物管理センターに多頭飼育崩壊案件で放棄された甘…
2023年8月時点で5~7歳
メス
CMS23005
札幌市北区で野良猫生活をしていたアチャモ。町内会から野良猫が多いと相談…
2023年4月時点で1~3歳
オス
2023年4月に長沼町のしっぽの会施設の敷地内を彷徨っているところを何…
2023年3月時点で3~5歳
オス
COS22030
負傷猫としてオホーツク総合振興局に収容されたオミ。保護時、左の上腕骨お…
2023年1月時点で推定3-5歳
メス
CMS22027
空き家にあった家の横のテントで元住人からご飯をもらって暮らしていたロー…

■ゆうちょ銀行
記号 19060  
番号 38911541
名義 トクヒ)ホッカイドウシッポノカイ


■北洋銀行
支店 栗山支店
普通 0382655
名義 トクヒ)ホッカイドウシッポノカイ

■ゆうちょ銀行
郵便振替口座
02770-6-76355
他の金融機関からの振込
支店 二七九(ニナナキュウ)
店番 279
当座 0076355
名義 しっぽの会
しっぽの会 TikTok
(準備中)
シッポ
No.COS15037
photo

引上場所

しっぽの会 引き取り預かり

保護日

2015年07月21日

種類・特徴

ミックス

性別

オス

毛色・毛種

キジトラ

年齢

2022年4月時点で推定6歳

体重

2022年4月現在5.06㎏

その他ワクチンなど

猫エイズ(+)/猫白血病(-)/混合ワクチン/追加ワクチン/健康診断 /去勢済/マイクロチップ

野良猫として捕獲されたシッポ。
環境が変わると とても緊張し鳴きますが、野良猫生活をしていた時は、人からご飯をもらい懐くとスリスリ甘えるほど人好きな子だったそうです。
今はまだ、怯えた様子のシッポですが 年齢も若いですし徐々に新しい環境にも慣れてくれると思います。
毛艶も良く、クリンとした瞳でイケメンです!
ぜひ、シッポに会いにいらしてください♪

**************************
当会での生活にもだいぶ慣れたようで、人が近くに来ると甘えた声で鳴き、撫でてほしそうにお腹を見せるようになりました!
人見知りなのか初めて会う人には少し警戒するようです。
臆病な面もあるため、環境が変わると緊張しやすくなりますが、時間が経てば新しい環境にも人にも馴れてくれます。

2016.01.18
**************************
当会にきてなかなか出会いがないまま5年が経ってしまいました。
会に来た当初は人馴れしていなく臆病でしたが、今ではだいぶ人に慣れ、撫でさせてくれることが増えました。
まだ抱っこは苦手ですが、声をかけると返事をしてくれたり時々自ら甘えてくる姿も見せてくれます♡
他の猫は好きで日中はみんなと一緒にのんびり過ごしています。
シッポにも素敵な出会いがありますように。
ぜひ、シッポに会いにいらしてください♬

2021.01.28
**************************

*当会での様子は下記からご覧ください *
◇ 飼い主さん募集の猫たち★クロ・シッポ・バニラ★ 2017.03.29
◇ 懐っこくて可愛いFIVキャリア猫たちのご紹介です②<動画> 2019.05.23
◇ しっぽの会の保護猫たちの様子その2 仲良し猫たちの日常のひとコマ 2021.02.16

**************************

面会・譲渡については以下のページをご覧ください☆
http://shippo.or.jp/02/boshu.html

認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会
facebook
Instagram
twitter
YouTube
tiktok準備中
飼い主募集犬
飼い主募集猫
保健所情報
しっぽレポート
譲渡に当たって ボランティア 動物遺棄は虐待 足長基金制度について 足長支援対象犬猫 飼い主募集の募金猫 終生預かり制度 終生預かり対象犬猫 飼い主のいない猫活動レポート メモリアル 不妊手術助成事業 寄付・寄附金控除について オンライン寄付 しっぽオンラインショップ つながる基金 Amazonほしい物リスト 支援物資 募金箱設置店

犬・猫の引き取り及び処分の状況

負傷動物

負傷動物
令和3年度【令和3年4月1日~令和4年3月31日(2021年4月1日~2022年3月31日)】
日本では、2,878頭の犬と17,394の猫(合計20,272頭 負傷動物殺処分含)が行政殺処分されました。
そのうち、犬は570頭、猫は9,272頭(合計9,842頭)が幼齢個体で全体のほぼ半数を占めています。
行政による殺処分を減らしていくには、不妊手術の徹底や終生愛育する等、飼い主の適正飼育が要となっています。