人と動物が幸せに共生する社会を目指して

飼い主さん募集

2024年01月時点で推定7ヵ月
オス
COK23019

NEW!

ライラは、2023年10月30日に公園にいたところを保護され保健所に収…
2024年01月時点で推定4-6歳
オス
COS23024

NEW!

2023年11月末に札幌市内の果樹園に1頭でいるところを保護され札幌市…
2023年12月時点で推定8-10歳
オス
COS23023

NEW!

バロンは2023年11月末に札幌市動物愛護管理センター「あいまる さっ…
2024年01月時点で推定8-10歳
メス
CMS23021

NEW!

シータは2023年11月末に札幌市動物愛護管理センター「あいまる さっ…
2023年12月時点で推定4-6歳
メス
CMS23022

NEW!

2023年11月末、札幌市動物愛護管理センター「あいまる さっぽろ」に…

■ゆうちょ銀行
記号 19060  
番号 38911541
名義 トクヒ)ホッカイドウシッポノカイ


■北洋銀行
支店 栗山支店
普通 0382655
名義 トクヒ)ホッカイドウシッポノカイ

■ゆうちょ銀行
郵便振替口座
02770-6-76355
他の金融機関からの振込
支店 二七九(ニナナキュウ)
店番 279
当座 0076355
名義 しっぽの会
各サイトの「選べる使い道」から当会を指定してください
各サイトの「選べる使い道」から当会を指定してください
amazon

ほしい物リスト

しっぽの会 TikTok
(準備中)
パルフェ
No.CMS19037
photo

引上場所

オホーツク総合振興局

保護日

2019年12月26日

種類・特徴

ミックス

性別

メス

毛色・毛種

茶トラ

年齢

2024年01月時点で推定4-6歳

体重

2023年12月時点で4.16㎏

その他ワクチンなど

猫エイズ(+)/猫白血病(-)/混合ワクチン/健康診断/避妊済/マイクロチップ

2019年11月に負傷猫としてオホーツク総合振興局に収容されたパルフェ。性格はとても甘えん坊で、物怖じせず人が大好きな若々しい子です♡
しっぽの神経が断裂しており自力での排せつができず、現在は1日2回の圧迫排尿をさせています。
今後も通院などのケアが必要になると思われますが、まだ若くこれからの猫生を幸せに、温かな家庭でのびのびと過ごしてほしいと願っています。
食欲もあり元気に走る事や高いところに飛び乗ることも問題なくできます。
ハンデのあるパルフェではありますが、パルフェにも優しい家族ができますように・・。
ぜひ、頑張るパルフェに会いにいらしていください♪

※尚、ご譲渡は避妊・去勢手術・健康診断・混合ワクチン接種・感染症検査・マイクロチップ挿入等、全て終了してからとなります。
ご譲渡には、手術代等実費費用を頂戴しております。

************************************
当会での生活にもすっかり慣れてきたパルフェ
人に慣れていておもちゃで遊ぶのも大好き♪
気に入らないことをされると怒ることもありますが、そこがまた猫らしくもあり
パルフェの魅力です♡
圧迫排泄が必要になりますが、コツを掴むと簡単にできます。
ご理解いただける方とのご縁をお待ちしております。
2024/1/20
************************************

*当会での様子は以下からご覧ください *
◇ 圧迫排尿トリオ🐈🐈🐈 2020.03.22
◇ 中秋の名月とパルフェ・喜助・ミゲル♬ 2021.09.21

************************************

面会・譲渡については以下のページをご覧ください☆
http://shippo.or.jp/02/boshu.html


認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会
facebook
Instagram
twitter
YouTube
tiktok準備中
飼い主募集犬
飼い主募集猫
保健所情報
しっぽレポート
譲渡に当たって ボランティア 動物遺棄は虐待 足長基金制度について 足長支援対象犬猫 飼い主募集の募金猫 終生預かり制度 終生預かり対象犬猫 飼い主のいない猫活動レポート メモリアル 不妊手術助成事業 寄付・寄附金控除について オンライン寄付 しっぽオンラインショップ つながる基金 Amazonほしい物リスト 支援物資 募金箱設置店

犬・猫の引き取り及び処分の状況

負傷動物

負傷動物
令和3年度【令和3年4月1日~令和4年3月31日(2021年4月1日~2022年3月31日)】
日本では、2,878頭の犬と17,394の猫(合計20,272頭 負傷動物殺処分含)が行政殺処分されました。
そのうち、犬は570頭、猫は9,272頭(合計9,842頭)が幼齢個体で全体のほぼ半数を占めています。
行政による殺処分を減らしていくには、不妊手術の徹底や終生愛育する等、飼い主の適正飼育が要となっています。