人と動物が幸せに共生する社会を目指して

飼い主さん募集

2024年01月時点で推定2-4歳
オス
DOS23017

NEW!, 経過観察

リバーは来たばかりなので性格を把握するため現在飼い主さんの募集は控えさ…
2024年01月時点で推定2-4歳
メス
DMS23015

NEW!

2023年12月9日、留萌振興局の案件で多頭飼育現場から引き取りしまし…
2024年01月時点で推定3-5歳
メス
DMS23016

NEW!, 経過観察

ソルトは来たばかりなので性格を把握するため現在飼い主さんの募集は控えさ…
2024年01月時点で推定9-11歳
メス
DMS15020
野良犬として石狩保健所に収容された弥生。収容された時にはおなかに赤ちゃ…
2024年01月時点で推定8歳
メス
DMS23014
飼い主の事情により新しい飼い主を探すことになったメリー。 性格はとても…

■ゆうちょ銀行
記号 19060  
番号 38911541
名義 トクヒ)ホッカイドウシッポノカイ


■北洋銀行
支店 栗山支店
普通 0382655
名義 トクヒ)ホッカイドウシッポノカイ

■ゆうちょ銀行
郵便振替口座
02770-6-76355
他の金融機関からの振込
支店 二七九(ニナナキュウ)
店番 279
当座 0076355
名義 しっぽの会
各サイトの「選べる使い道」から当会を指定してください
各サイトの「選べる使い道」から当会を指定してください
amazon

ほしい物リスト

しっぽの会 TikTok
(準備中)
マミー
No.DMS15022
photo

引上場所

石狩保健所

保護日

2015年03月19日

種類・特徴

ミックス

性別

メス

毛色・毛種

白・並毛

年齢

2024年01月時点で13-15歳

体重

2024年01月時点で13.60kg

その他ワクチンなど

混合ワクチン/避妊済/マイクロチップ/健康診断/フィラリア(-)畜犬登録済/狂犬病予防注射

石狩市厚田区嶺泊で捕獲器で捕獲されたマミー。
捕獲された時に妊娠していたマミーは数日後、
石狩保健所で2頭の子犬のローラとリョウを出産しました。
会に来てからは当代表が自宅でお世話 兼 人慣れ訓練をしていました。
マミーは環境の変化に戸惑いながらも子犬のローラとリョウの育児を
しっかり果たし、先日 めでたくローラとリョウは卒業しました★
マミーは今まで捕獲された嶺泊の犬たち同様、
とても臆病で人慣れは全くしていませんし、お散歩もできません(-_-;)
現在も人慣れ・お散歩の特訓中で、怖いながらも外は好きなのか
草を食べたりすることは出来るようになって来たようです。
人との関わりを持たず過酷な環境の中、おなかにいる赤ちゃんと
自分の身を必死に守りながら生き延びてきたマミーですから
普通の家庭犬になるまでには、相当な時間がかかりそうです。
マミーにもいつか大切な家族ができ、
幸せに暮らせる日がくることを願っています・・。

************************************
当会に来て3年以上が経ち、保護当時に比べると落ち着いて
お散歩が出来るようになったり、慣れたスタッフとであれば
オスワリや抱っこなどが出来るようになりました★
生まれ持った性格と育った環境によって警戒心が強く
神経質な性格はこれからも変わらないと思われますが
根気よくマミーのペースで向き合っていただければ
少しずつ人のことを信頼してくれる従順な子です。

頑張るマミーに是非会いにいらしてください♪

2019.2.26
************************************
面会・譲渡については以下のページをご覧ください☆
http://shippo.or.jp/02/boshu.html

認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会
facebook
Instagram
twitter
YouTube
tiktok準備中
飼い主募集犬
飼い主募集猫
保健所情報
しっぽレポート
譲渡に当たって ボランティア 動物遺棄は虐待 足長基金制度について 足長支援対象犬猫 飼い主募集の募金猫 終生預かり制度 終生預かり対象犬猫 飼い主のいない猫活動レポート メモリアル 不妊手術助成事業 寄付・寄附金控除について オンライン寄付 しっぽオンラインショップ つながる基金 Amazonほしい物リスト 支援物資 募金箱設置店

犬・猫の引き取り及び処分の状況

負傷動物

負傷動物
令和3年度【令和3年4月1日~令和4年3月31日(2021年4月1日~2022年3月31日)】
日本では、2,878頭の犬と17,394の猫(合計20,272頭 負傷動物殺処分含)が行政殺処分されました。
そのうち、犬は570頭、猫は9,272頭(合計9,842頭)が幼齢個体で全体のほぼ半数を占めています。
行政による殺処分を減らしていくには、不妊手術の徹底や終生愛育する等、飼い主の適正飼育が要となっています。