人と動物が幸せに共生する社会を目指して

飼い主さん募集

2024年05月時点で推定8歳
オス
DOS23025

NEW!

2024年3月31日に飼い主の事情により新しい飼い主を探すことになった…
2024年04月時点で推定8歳
メス
DMS24002

決定

2024年4月1日、札幌市動物愛護管理センターあいまるさっぽろから緊急…
2024年04月時点で推定8歳
メス
DMS24001

NEW!

2024年4月1日、札幌市動物愛護管理センターあいまるさっぽろから緊急…
2024年04月時点で推定8-10歳
メス
DMS23022

NEW!

2024年2月7日に千歳市内の多頭飼育案件で引き取りしたチョコ。 引き…
2024年04月時点で推定3-5歳
メス
DMS22036

NEW!

2022年9月2日、空知総合振興局管内案内の多頭飼育現場から引き取りし…

■ゆうちょ銀行
記号 19060  
番号 38911541
名義 トクヒ)ホッカイドウシッポノカイ


■北洋銀行
支店 栗山支店
普通 0382655
名義 トクヒ)ホッカイドウシッポノカイ

■ゆうちょ銀行
郵便振替口座
02770-6-76355
他の金融機関からの振込
支店 二七九(ニナナキュウ)
店番 279
当座 0076355
名義 しっぽの会
各サイトの「選べる使い道」から当会を指定してください
各サイトの「選べる使い道」から当会を指定してください
amazon

ほしい物リスト

しっぽの会 TikTok
(準備中)
ハマナス
No.DMS22061
NEW!
photo

引上場所

天塩町多頭飼育案件

保護日

2023年03月24日

種類・特徴

ミックス

性別

メス

毛色・毛種

薄茶・並毛

年齢

2024年04月時点で推定2歳

体重

2024年04月時点で16.90㎏

その他ワクチンなど

混合ワクチン/健康診断/フィラリア(-)/避妊済/マイクロチップ/畜犬登録/狂犬病予防注射

2023年3月24日、留萌振興局の案件で多頭飼育現場から引き取りしました。
3月初旬に一斉に不妊手術を行いましたが、その時点で係留されずにいる犬も10数頭いて
その後、D型ハウスに係留されていたハマナスは避妊手術もされていなかったため、繁殖を防ぐ必要があり、急遽当会で引き取り不妊手術を行いました。

人からエサはもらっていたもののお散歩の経験もないため
担当スタッフが人馴れ・お散歩訓練をしていました。

************************************

人馴れ・お散歩訓練を重ね、慣れたところでは
楽しそうにお散歩ができるようになりました🌸

慣れた人には遊びに誘ってきたり、触られるのも好きになってくれました。

シャンプー、ドライヤーも大人しくさせてくれました☆彡

ただ、まだ怖い事があると逃げようとするので逸走には十分に注意が必要です。

怖がりな性格のため、落ち着いたご家族構成・飼育環境の方が向いています。

ハマナスの性格をご理解していただける方、また少しでも信頼関係を築いていただくためにも
何度か足を運んでいただける方との出会いを待っています♡

ぜひ、可愛いハマナスに会いにいらしてください♪

2024.04.26

************************************
***当会での様子は下記のレポートをご覧ください***
◆ ハマナスが経過観察から迎え主さん(飼い主さん)募集になりました🐕🌸 2024.04.26

************************************
面会・譲渡については以下のページをご覧ください☆
http://shippo.or.jp/02/boshu.html


認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会
facebook
Instagram
twitter
YouTube
tiktok準備中
飼い主募集犬
飼い主募集猫
保健所情報
しっぽレポート
譲渡に当たって ボランティア 動物遺棄は虐待 足長基金制度について 足長支援対象犬猫 飼い主募集の募金猫 終生預かり制度 終生預かり対象犬猫 飼い主のいない猫活動レポート メモリアル 不妊手術助成事業 寄付・寄附金控除について オンライン寄付 しっぽオンラインショップ つながる基金 Amazonほしい物リスト 支援物資 募金箱設置店

犬・猫の引き取り及び処分の状況

負傷動物

負傷動物
令和3年度【令和3年4月1日~令和4年3月31日(2021年4月1日~2022年3月31日)】
日本では、2,878頭の犬と17,394の猫(合計20,272頭 負傷動物殺処分含)が行政殺処分されました。
そのうち、犬は570頭、猫は9,272頭(合計9,842頭)が幼齢個体で全体のほぼ半数を占めています。
行政による殺処分を減らしていくには、不妊手術の徹底や終生愛育する等、飼い主の適正飼育が要となっています。