足長基金支援対象犬猫



足長基金支援についてはこちらをごらんください

*足長基金対象犬猫2012(H24)年



2012年12月
<足長新顔さん>

保健所に迷子で収容されていた風美。
老犬の風美に新たな飼い主も見つからないことから、
処分が決まっていたギリギリの崖ぶちの命でした。
少し認知症のようにも見えますが、良く歩き食欲もあります。
健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。





風美 メス 10歳 石狩保健所

 


<嬉しいお知らせです!♪>

秋一、ミントが足長基金卒業です!
さまよっていた秋一はボロボロになった野良猫でした。
最初は固まったままで微動だにせず、殻に閉じこもる日々でしたが、
人の優しさに触れ、少しづつ心を開いてくれるようになりました。
複雑な経緯があってギリギリの崖ぶちで繋がったミントの命。
天寿を全う出来ることになり本当に良かったです!
幸せな家族の一員になりました。おめでとう!♪

 


秋一 オス 10歳 しっぽハウスより委託




ミント メス 15歳 しっぽハウスより委託



<悲しいお知らせ>

     元が虹の橋を渡りました。
秋になって元は立てなくなり、亡くなる数日前は寝返りもできなくなっていました。
4月に入院し、4月いっぱいの命と宣告されてから半年。
会で皮下点滴を続け、一時的ではあったものの奇跡的な回復も見せてくれました。
今まで、元を応援してくださっていた皆さま、本当に有難うございました。
皆さまと、元の冥福を祈りたいと思います。
2012.11.03




元 享年8歳 オス





2012年11月
<足長新顔さん>

家庭の事情で会にやって来たキューですが、
血液検査の結果猫エイズ感染症キャリアと分かりました。
健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。





キュー メス 4歳 しっぽハウスより委託

 


<嬉しいお知らせです!♪>

ヨッシーが足長基金卒業です!
ヨッシーは、石狩保健所に大勢の仲間と放棄された高齢犬でした。
穏やかな落ち着いた性格のいい子でした。

リンは滝川保健所に迷子で収容されていましたが、
飼い主のお迎えはありませんでした。
両目とも光を失っていましたが、健気な人懐こい子でした。
2匹とも幸せな家族の一員になりました。おめでとう!♪

 


     ヨッシー オス 10歳 石狩保健所

 


       リン メス 14歳 滝川保健所



<悲しいお知らせ>


     茶々丸が虹の橋を渡りました。茶々丸は、センター収容時から食欲もなく下痢が続いたりと体調が優れず、
    8月初旬には入院し、退院後はスタッフが帰宅時に一緒に連れて帰り世話をしていました。
    その甲斐あって体重も増え、一進一退ではありましたが徐々に回復傾向にありましたが、
    亡くなる1週間前くらいから再び体調が悪くなり詳しく検査もしたところ、
    胸に腹水がたまっていて腹部に腫瘍のようなものが確認されました。
    治療を終え病院を後にしたところで突然呼吸が浅くなって、あっと言う間に虹の橋を渡ってしまいました。
    皆様と茶々丸の冥福を祈りたいと思います。
    2012.10.5

     風太が虹の橋を渡りました。老衰で9月から寝たきりになった風太でしたが、
    苦しまずに静かに天国に召されたのがせめてもの慰めです。
    風太を札幌市動物管理センターから引き取りしたのは昨年の12月。
    収容時から徘徊行動があり認知症の症状がありました。
    最期まで立ち上がろうと生きることを諦めなかった風太は、
    私たちに前向きに生きることを教えてくれました。
    皆さまと風太の冥福を祈りたいと思います。
    2012.10.16


     昨夕、チビが虹の橋を渡りました。
    今月初旬にフードを全く食べないので受診したところ、
    血液検査で点滴治療をした方が良いとのことで入院となり、
    尿検査では潜血もみられました。
    退院後は腎臓の働きを助けるフードに切り替えて薬も服用していましたが、
    食欲は回復することなく水を飲まなくなり、残念ながら昨夕静かに虹の橋を渡りました。
    享年21歳の大往生でした。
    皆さまとチビの冥福を祈りたいと思います。
    2012.10.27





茶々丸 享年11歳 オス




風太 享年10~歳 オス




チビ 享年21歳 メス




2012年10月








  
        月 メス 推定10歳
      札幌市動物管理センター

 放棄の理由は分かりませんが、月は飼い主に捨てられました。センターに収容された時は、後肢がふらつき歩行が困難だったそうです。健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。



   
       ミント メス 15歳 
       しっぽハウスより委託 

 複雑な経緯があってギリギリの崖ぶちで繋がったミントの命。天寿を全う出来ることになり本当に良かったです!性格は落ち着いて穏やかですが、時々大きな声を出しすことがありますので、認知症状かもしれません。足長組に加えさせていただきます。

    
      チビ オス 21歳
      しっぽハウスより委託

 家庭の事情で会にやって来たチビは、21歳と高齢ですが、見た目は年齢より若く見えます☆慣れない環境で戸惑っていますが、心穏やかに過ごして欲しいと願っています。足長組に加えさせていただきます。



<嬉しいお知らせです!♪>

蛍が足長基金卒業です!
蛍は札幌市動物管理センターに迷子で収容されていましたが、
飼い主のお迎えはありませんでした。
皮膚病があり歯もボロボロで、二度にわたる乳腺腫瘍手術を終えた蛍でしたが、
ボランティアさんのお宅に貰われ幸せな家族の一員になりました。
蛍、おめでとう!!♪





蛍  メス 推定8歳
札幌市動物管理センター



<悲しいお知らせ>


ネオが9月15日、虹の橋を渡りました。
8月下旬から食欲がなく元気がなかったので、病院で点滴、
その後入院しインターフェロンで治療をしていました。
しかし、回復することなく、残念ながら虹の橋を渡ってしまいました。

皆さまとネオの冥福を祈りたいと思います。





ネオ 享年1歳 オス





2012年9月








  
     
りゅう オス 推定15歳
        しっぽハウスより委託  

 りゅうは大人しくて穏やかな子です。体調不良が続き、現在は預かりボランティアさんのもとでケアしていただき、家庭の温かさを感じて暮らしています。



   
     太郎 オス 11歳 
       しっぽハウスより委託 

 太郎は飼い主の事情で会にやって来ました。素朴な性格が魅力の太郎ですが、ご縁がないまま高齢になりましたので、健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


    
    ボルト オス 13歳
      札幌市動物管理センター

 13歳の高齢になってセンターに放棄されたボルトですが、傷つきながらも持ち前の明るさで逞しく生きています。高齢ですので、健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。










  
      豆 オス 10歳
    しっぽハウスより委託

 11歳で札幌市動物管理センターに放棄された茶々丸。食欲もなく下痢が続いたりと体調も優れず、目もほとんど見えていないようです。健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


   
     ガクト オス 10歳 
    札幌市動物管理センター 

 病気を理由に放棄された高齢犬のガクト。ヘルニアの手術をしていたとのことですが、現在歩行に問題はありません。また、てんかん症状があるとのことです。健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


    
       リン メス 14歳
        滝川保健所

 保健所に迷子で収容されていたリン。恐らく捨てられたのでしょう。年齢からも両目は白内障で、少し不整脈があるようです。健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。



<嬉しいお知らせです!♪>

かのんとカリナが足長基金卒業です!
かのんは札幌市動物管理センターに放棄された10歳のミニチュアダックスのメスです。
以前から気にかけてくださっていたボランティアさんのお宅に貰われました。
また、カリナは迷子で札幌市動物管理センターに収容されていましたが、
前足も奇形しているカリナが迷子になるはずもなく、捨てられたのでしょう。
センター収容時から気にされていたご家族に貰われ幸せを手に入れました。
かのん、カリナ、おめでとう!!♪





かのん  メス 推定7歳
札幌市動物管理センター


  
 

カリナ  メス 推定10歳
札幌市動物管理センター





2012年8月










  
  
   シーマ オス 推定12歳
        滝川保健所
  

 保健所に迷子で収容されていたシーマ。飼い主が分かっても、お迎えには来てくれませんでした。12歳と高齢ですので健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


   
     ソイ オス 10歳 
       石狩保健所 

 迷子で保健所に収容されていたソイですが飼い主のお迎えはありませんでした。ソイは明るくお利口です。高齢ですので、健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


    
    チョビ オス 10歳
      岩見沢保健所

 川にはまって動けなくなったところをレスキューされ運よく命を繋いだチョビ。高齢ですので、健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。










  
  
   茶々丸 オス 11歳
    札幌市動物管理センター
  

 11歳で札幌市動物管理センターに放棄された茶々丸。食欲もなく下痢が続いたりと体調も優れず、目もほとんど見えていないようです。健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


   
     ツブ メス 12歳 
     しっぽハウスより委託 

 ツブは飼い主の事情で会にやって来ました。12歳と高齢ですが、新しい環境にも慣れ心を開いてくれるようになりました。健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


    
     クロ メス 9歳
    しっぽハウスより委託

 クロはもとは野良猫でした。会に来たころは緊張で固まっていましたが、新しい環境にも慣れました。残念ながら猫エイズ感染症でした。健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。



<嬉しいお知らせです!♪>

リッキーとソイが足長基金卒業です!
高齢のリッキーは家庭の事情で会にやって来ましたが、
先住猫のいる動物病院の院長さまの、新しい家族の一員になりました♪
また、ソイは会に来てすぐに新たな出会いがあり、
幸せに暮らしています。




リッキー 推定11歳 オス 
しっぽハウスより委託





ソイ 推定10歳 オス 
石狩保健所




2012年7月

<足長新顔さん>

新しく足長基金に加えさせていただくのは老犬のティファ。
家庭の事情で会にやって来たティファは13歳と高齢ですが 
健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。

これから共に暮らしてくださる方に巡り合えますように・・・。






ティファ メス 13歳
 しっぽハウスより委託

 

<嬉しいお知らせです!♪>

じゅげむとコアラが足長基金卒業です!
2年前、札幌市動物管理センターから引き取りした じゅげむ は
猫エイズと白血病キャリアで、会で同じ感染症の仲間と暮らしていました。
また、コアラは11歳で千歳保健所に飼い主に放棄され、心臓病の持病もありました。
2匹ともご理解ある飼い主さまとご縁があり、新しい家族の一員になりました♪




じゅげむ 推定4歳 オス 



コアラ 11歳 オス



<悲しいお知らせ>

セナが6月5日預かりボランティアさんのお宅で虹の橋を渡りました。
預かり後、間もなく寝たきりになった老犬のセナを
最期までお世話いただき本当に有難うございました。

プチが6月30日虹の橋を渡りました。
プチは口腔内の腫瘍の進行を遅らせる薬を飲んでいましたが、
自力で食事も水を飲むことも出来なくなり、とうとう力尽きてしまいました。
最期は静かに安らかな寝顔で多くのスタッフに見守られて天国に旅立ちました。

セナとプチを応援してくださった皆さま、本当に有難うございました。

皆さまとセナとプチの冥福を祈りたいと思います。




セナ 享年11歳 オス



プチ 享年10歳 メス





2012年6月

<足長新顔さん>

新しく、足長基金に加えさせていただく犬猫たちをご紹介します。
それぞれに高齢であったり、不自由があったりしますが、みな一生懸命に生きています。
これから共に暮らしてくださる方に巡り合えますように・・・。












  
  
   アサヒ オス 推定10~歳
        石狩保健所
  

 昨年11月くらいから食欲が落ちて水下痢が続き、病院で慢性膵炎と診断され投薬しています。健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


   
     ハチ オス 13歳 
     しっぽハウスより委託 

 ハチは飼い主の事情で会にやって来ました。13歳の高齢の犬が新しい環境を受け入れにるには、暫く時間がかかりそうです。健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


    
    エルモ オス 14歳
   札幌市動物管理センター

 エルモは14歳になって、飼い主が死亡したと放棄されました。穏やかでフレンドリーなエルモですが、健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。







  
  
          サトシ オス 12歳
          札幌市動物管理センター  


 サトシは転居を理由に12歳で放棄されました。淋しそうな表情を浮かべるサトシですが、健気に頑張っています。健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


   
          コアラ オス 推定10歳 
             千歳保健所

 10歳で千歳保健所に放棄されたコアラ。ゼイゼイと息が荒く、時々咳き込み、心臓肥大と診察を受け、投薬しています。健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。






2012年5月

<足長新顔さん>

新しく、足長基金に加えさせていただく犬猫たちをご紹介します。
それぞれに高齢であったり、不自由があったりしますが、みな一生懸命に生きています。
これから共に暮らしてくださる方に巡り合えますように・・・。









          元 オス 8歳
            岩見沢保健所  

 元はもともと肝臓、心臓、甲状腺が悪いため薬を飲んでいましたが、容体が悪化したため入院しました。しかし、回復の見込みはなく、解毒するための点滴をすること以外に治療法はないとのことで、スタッフが治療しながら、会で残こされた時間を過ごすことになりました。元も健康に気を配り、治療に専念できますよう足長組に加えさせていただきます。


        チャオ オス 14歳 
       札幌市動物管理センター  


 14歳の高齢で、飼い主に札幌市動物管理センターに放棄されたチャコ。信じていた飼い主と離れ、どれだけ心細く寂しかったことでしょうか。会陰ヘルニアで肛門周りが大きく腫れ、二度にわたって手術しました。チャコも健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。




<嬉しいお知らせです!♪

足長基金卒業です!
緑内障で眼球が飛び出していたため、
左眼球を摘出し、ケアしていたしんのすけ。
余生を会で送っていましたが、
「貰われずらい子を迎えたい。」と幸運な出会いがあり、
新しい家族の一員になりました♪







<悲しいお知らせ>

保護時のロク太は前肢の靭帯損傷と肺気腫で、
交通事故にあった可能性が強いとのことでした。
その後、容体は落ち着いてきましたが、
4月13日、呼吸が早く、足元もふらついていたので、緊急入院。
診断結果は気胸で 肝臓、腎臓も悪化していて、治療の甲斐もなく
残念ながら虹の橋を渡ってしまいました・・・。

ロク太を応援してくださった皆さま、本当に有難うございました。
皆さまとロク太の冥福を祈りたいと思います。









2012年4月

<足長新顔さん>

新しく、足長基金に加えさせていただく犬猫たちをご紹介します。
それぞれに高齢であったり、不自由があったりしますが、みな一生懸命に生きています。
これから共に暮らしてくださる方に巡り合えますように・・・。









          蛍 メス 8歳
         札幌市動物管理センター  

蛍はセンターに迷子で収容されていましたが、
とうとう飼い主の迎えはありませんでした(><)
乳腺腫瘍が複数あり、皮膚病、歯もボロボロで口臭が酷く、
今まで手をかけて貰っていない状態でした。
蛍も健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


        ドラ オス 推定1歳 
       札幌市動物管理センター  


ドラは札幌市動物管理センターに迷子で収容されていました。後両肢は壊死していて、骨が見え出血して痛々しい姿でした。また、両耳先は凍傷になっていました。
ドラも健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。




<嬉しいお知らせです!♪

足長基金卒業です!
ハナビーは会から3年前に貰われましたが、
飼い主さんの事情で会に帰って来ました。
寂しそうな表情を浮かべていたハナビーですが、
新たな出会いがあり、新しい家族の一員になりました♪









2012年3月

<足長新顔さん>

新しく、足長基金に加えさせていただく犬猫たちをご紹介します。
それぞれに高齢であったり、不自由があったりしますが、みな一生懸命に生きています。
これから共に暮らしてくださる方に巡り合えますように・・・。









          かのん メス 7歳
         札幌市動物管理センター  

飼い主の都合でセンターに放棄された かのん。
全盲と思われましたが、右目は見えているような反射反応がありました。また、皮膚炎もありますが、ケアして良くなってきています。
かのんも健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


        ヨッシー オス 推定11歳 
            石狩保健所 


ヨッシーは飼い主に8匹一緒に保健所に放棄されました。
慣れ親しんだ環境が急に変わって戸惑いがあるでしょうが、元気に頑張っています。
性格は落ち着いていて穏やかないい子です。
ヨッシーも健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。






2012年2月

<足長新顔さん>

新しく、足長基金に加えさせていただく犬猫たちをご紹介します。
それぞれに高齢であったり、不自由があったりしますが、みな一生懸命に生きています。
これから共に暮らしてくださる方に巡り合えますように・・・。












  
  しんのすけ オス 推定10~歳
      岩見沢保健所  

保健所に迷子で収容されていたしんのすけですが、目も見えておらず捨てられたのだと思われます(><)緑内障による眼圧の悪化もあるので、左目の眼球の摘出手術をしました。健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


   
    マル オス 推定10~歳 
      千歳保健所

マルは一昨年しっぽを卒業しましたが飼い主さんの事情により帰って来ました。マルは高齢ですので、健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


    
    ロク太 オス 10~歳
       江別保健所 

保護された時のロク太は無気力で歩行も困難な状態でした。動物病院で診察をうけたところ、前肢の靭帯損傷と肺気腫と分かり、どうやらロク太は交通事故にあった可能性が強いとのことでした。健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。














ハナビー メス 推定10歳
 札幌市動物管理センター

 3年前に譲渡されたハナビーは飼い主さんの事情で帰って来ました。今度こそ終生共に過ごせる飼い主さんに出会えますように。ハナビーは高齢ですので、健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


 
  小雪 メス 推定2歳
    由仁保健所  


 フレンドリーでまだ若い小雪ですが、残念ながら猫エイズキャリアでした。健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。
 
 秋一 オス 推定10~歳 
  しっぽハウスより委託


 さまよっていた秋一はボロボロになった野良猫でした。秋一は高齢ですので、健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。

   
 マリ メス 10歳
  由仁保健所 

飼い主に放棄されたマリ。性格は人懐こく、スリスリゴロゴロの甘えん坊です。マリは高齢ですので、健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。



<嬉しいお知らせです!♪

足長ワンの3匹がボランティアさんのお宅の家族の一員になりました♪

足長組をご支援くださっている皆さまのお陰で、
こうして高齢の子を救い、優しい方に巡り会うことが出来ました。
感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有難うございました。





ソウル オス 11歳
     しっぽハウスより委託
 

家庭の事情で会にやって来たソウル。
高齢で環境が変わり大変だったと思いますが、持ち前の明るさと活発さで、
健気に頑張っていました。
以前にも会の老犬を看取ってくださった飼い主さまと幸せな出会いがありました。



雪男 オス 13歳
   札幌市動物管理センター

雪男は飼い主に13歳の高齢で
放棄されました。
いたずら好きなお茶目な子でした。
雪男の余生をともに過ごしてくださるボランティアさんとの出会いがありました。






ポム  オス 推定10~歳
 岩見沢保健所

老犬のポムは迷子で保健所に
収容されていました。
食欲が安定せず、
老犬なので足腰も弱っていましたが、
会に来てボランティアさんとの
幸せな出会いがありました。




2012年1月

<足長新顔さん>

新しく、足長基金に加えさせていただく犬猫たちをご紹介します。
それぞれに高齢であったり、不自由があったりしますが、みな一生懸命に生きています。
これから共に暮らしてくださる方に巡り合えますように・・・。












  
  
   萌 メス 推定9歳
      由仁保健所
  

 
12月上旬、寒波が押し寄せた街中に遺棄された萌。心雑音があり乳腺腫瘍もあるため、今後の治療を検討中です。萌も健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。


   
    風太 オス 推定10~歳 
    札幌市動物管理センター

 センターに迷子で収容されていた風太ですが、年老いて認知症になり捨てられたものと思われます(><)一日でも元気で過ごせるように足長組に加えさせていただきます。


    
    プチ メス 10~歳
    しっぽハウスより委託 

 飼い主の事情により高齢で会にやって来たプチ。身体は小さめのシェルティです。口腔内に大きな腫瘍があります。健康に気を配り、良い状態でご縁を待てるよう、足長組に加えさせていただきます。



<嬉しいお知らせです!♪

3匹の足長ワンがボランティアさんのお宅の家族の一員になりました♪

センター収容時からほとんど動かなかったクマ子。
性格は臆病で過去に原因となるトラウマがあったようでした(><)

まゆは推定10歳の高齢犬でした。
保護する前は、常にキツネが鳴いている山中の倉庫で、
劣悪な環境で飼われていました。

トッポは迷子で保健所に収容されていましたが、
待てども飼い主のお迎えはありませんでした。
その姿は外飼いで放っておかれたのか、
痩せてガリガリで、毛もボロボロでした(><)


萌は初冬の寒さが増してきた12月、街中に7匹の仲間と遺棄されました。
糞尿にまみれ無残な姿で保護されましたが、
会に来て足長に加わった同月に新たな出会いがありました。

足長組をご支援くださっている皆さまのお陰で、
こうして高齢の子を救い、優しい方に巡り会うことが出来ました。
感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有難うございました。





クマ子 メス 推定10~歳
札幌市動物管理センター

センター収容時からほとんど動かなかったクマ子。
性格は臆病で過去に原因となるトラウマがあったようでした。
今はボランティアさんのお宅で幸せな余生を送っています。





まゆ メス 推定10~歳
しっぽハウスより委託


保護する前のまゆは、
常にキツネが鳴いている山中の倉庫の劣悪な環境のもとで飼われていました。
今はボランティアさんのお宅で、幸せな余生を送っています。




トッポ オス 推定10~歳
由仁保健所


トッポは迷子で保健所に収容されていましたが、飼い主のお迎えはありませんでした。
その姿は外飼いで放っておかれたのか、痩せてガリガリで、毛もボロボロでした(><)

今はボランティアさんのお宅で幸せな余生を送っています。





萌 メス 推定9歳
由仁保健所


萌は初冬の寒さが増してきた街中に、7匹の仲間と遺棄されました。その姿は糞尿にまみれ無残な姿でした。
すぐにに新たな出会いがあり、幸せに暮らしています。





TOPへ戻る