メモリアル

  



2016年にしっぽの会で亡くなった子たちのメモリアルページです。
この子たちのことは生涯わすれません。


2016年に虹の橋へ旅立った27頭のしっぽある友




12月




CMS16079
仮 名:シェイク
引上場所:標茶保健所
種類・特徴: 白黒
性 別:メス 体重: kg
推定年齢:2016年12月時点で推定5~7歳
猫エイズ()猫白血病()
4種ワクチン接種

2016年12月保護
2016年12月24日死亡 享年推定5~7歳

標茶町で保護され
標茶保健所に収容されたシェイク。
保護当時は体調を崩しており
痩せて元気もなかったそうですが、
保健所職員の方のケアの甲斐あり
食欲も戻り身体も少しふっくらしました。
しかしその後当会で引き取り後は
ほとんど食欲も無く、
体調も悪そうでしたので病院を受診しました。
毎日当会で皮下点滴をしていましたが、
脱水・体調不良が改善されなかったため入院
点滴とインターキャットなどの治療をしました。
血液検査の結果では、肝臓の数値が高く
白血球数も多く、貧血と脱水状態でした。
なんとか回復を願い
シェイクの退院を待ちましたが、残念ながら
入院した翌日に亡くなってしまいました。
新しい飼い主さんへ繋いであげられなかったことが
本当に残念です。
皆さまとご一緒にシェイクの冥福を
お祈りしたいと思います。






COS16013
仮 名:サク
引上場所:滝川保健所
種類・特徴: 茶トラ
性 別:オス
推定年齢:2016年3月時点で推定9~11歳
猫エイズ(+)猫白血病(-)
4種ワクチン/去勢済/マイクロチップ/健康診断


2016年3月保護
2016年12月16日死亡 享年推定9~11歳

2016年2月に衰弱した状態で
滝川保健所に収容されていましたが
3月後半、口を痛がり食欲がないとのことでしたので
急遽引き取りして病院に直行しました。
口の中は炎症が酷く赤く腫れており
数日食べていなかったそうですが
心配していたより体調は悪くなく
注射と飲み薬の処方、耳ダニも治療しました。
元は飼われていたのかとても人慣れしており
人が大好きなサクでした。
口内炎があり通院をしていましたが、
水を飲む量もとても多く糖尿病の検査をしたところ
糖尿病の疑いがあり、体内で
インスリンを作れていない
可能性があることがわかりました。
それからは体調を見ながら
薬を飲ませる日々でしたが
11月に入ってからは
固形物が食べられなくなってしまいました。
皮下点滴を毎日していましたが
亡くなる数日前からはお水もご飯も口にせず
全身骨と皮だけになってしまっても
薬と点滴を頑張ってくれました。
皆さまとご一緒に
サクの冥福をお祈りしたいと思います。




DOS15125
仮 名:エッシュ
引上場所:江別保健所
種類・特徴:テリア系ミックス
性 別:オス 体重:
年齢:2015/10月時点で推定9~11歳
毛色・毛種:茶
6種ワクチン/去勢済/健康診断
マイクロチップ

2015年10月保護
2016年12月3日死亡 享年10~12歳

迷子で保健所へやってきたエッシュに
飼い主のお迎えはありませんでした。
おそらく病気を理由に遺棄されたのではないかと
思われました。
肛門周囲腺腫でお尻は腫れあがり状態が悪く
引き取り後そのまま入院、手術しました。
摘出した腫瘍は300グラムもあり
病理検査の結果、悪性で癌でした。
そんな辛い状況のエッシュでしたが、
退院後は食欲もあり、とても元気に過ごせました。
大きな手術を乗り越え、明るくがんばるエッシュは
その後、体調も優れず
預かりボランティアさんのお宅で
余生を送っていました。
最後は食べなくなり点滴もしていましたが、
残念ながら虹の橋へと旅立ちました。
預かりボランティアさん
エッシュの余生を共に過ごしてくださり
本当にありがとうございました。
お母さまにもご協力いただいて
いつも助けてくださり
感謝の気持ちでいっぱいです。
皆さまとご一緒に
エッシュの冥福をお祈りしたいと思います。


11月




COS09025
仮 名:ヤマキ
引上場所:しっぽハウスより委託
種類・特徴:白黒ブチ
性 別:オス
年 齢:2009/12月時点で推定7歳
猫エイズ(-)白血病(-)
4種ワクチン/去勢済/マイクロチップ/健康診断


2009年12月保護
2016年11月22日死亡 享年推定14歳

10月下旬ごろから体調を崩し始め、
便がかなり出づらくなり
脱水も酷かったため点滴をしましたが、
改善は見られず心臓からの血流が悪い可能性があり
心臓の薬を飲みながら点滴を続けてきました。
食欲はない日がほとんどでしたが
調子の良い日は
ご飯も食べてくれることもありました。
亡くなる数日前は下痢もしていて、
部屋の中でもほとんど動かなくなってしまい
11月22日のスタッフが出勤した朝には
すでに冷たくなっていました。
気難しい面もあった子ですが
ここ数年ですっかり性格も丸くなり、
甘えん坊さんになっていました。
当会で一番の古株となり
会と共に歩んだヤマキがいなくなり
寂しさでいっぱいです。
皆さまとご一緒に
ヤマキの冥福をお祈りしたいと思います。






DOS16023
仮 名:一休
引上場所:根室保健所
種類・特徴:ミックス
性 別:オス 体重:14.8㎏
年齢:2016/2月時点で推定5~7→10~12歳
毛色・毛種:黒・茶
6種ワクチン/健康診断/フィラリア(-)
去勢済/マイクロチップ


2016年2月保護
2016年11月16日死亡 享年推定10~12歳

一休はこの冬に牛や馬に暖を求めてか
牧場で衰弱した状態保護され
根室保健所に収容されましたが
一時は低体温症で危ない状況でした。
その後体調は回復したものの
新しい出会いがなく当会で引き取りをしました。
2016年10月下旬頃に脳卒中のような症状が診られ
脳圧を下げる治療や
点滴が必要だったため3日間入院、
退院後は次第に食欲も元に戻り
散歩に行けるまでに復活しました。
しかし11月15日、脳からの影響なのか
部屋の中で頭を傾けクルクル回り、
身体全体を回転させていたため緊急入院、
脳圧を下げる治療で様子を見ていましたが、
11月16日朝には病院で亡くなっていました。
食欲旺盛で散歩が大好きな
おじいちゃんワンでした。
皆さまとご一緒に
一休の冥福をお祈りしたいと思います。





DMS15084
仮 名:スフレ
引上場所:釧路保健所
種類・特徴:ミックス
性 別:メス 体重:14.5kg
年齢:2015/7月時点で推定10~12歳
毛色・毛種:白・長毛
6種ワクチン/健康診断/フィラリア(-)
避妊済/マイクロチップ

2015年7月保護
2016年11月5日死亡 享年10~12歳

迷子犬として釧路保健所に収容されていましたが
飼い主のお迎えはありませんでした。
推定年齢は高齢ですが
お散歩が大好きでご飯も良く食べる子でした。
3月末から、軟便・血便が続き
受診したところ胆のう炎が考えられ、
投薬はしていましたが
徐々に体力が衰えていきました。
10月16日、預かりボランティアさんが
終生看取ってくださることとなり
3週間余り
温かなご家庭で過ごすことが出来ました。
預かりボランティアさんからは、
「5日の午前中、スフレのすぐ隣にいた私も
気がつかないほど、本当に本当に静かに
声も音も立てず旅立っていきました。
1つでも多くの幸せを感じてもらえたらと
思っていましたが、
伝えきれなかった事が沢山あったかと思います。
しかし私達は
スフレと一緒に過ごすことができて幸せでした。
スフレ家族になってくれてありがとう!!」
と温かなコメントをいただきました。
預かりボランティアさんに
心より感謝申し上げます。
皆さまとご一緒に
スフレの冥福をお祈りしたいと思います。


10月




COK15048
仮 名:グリコ
引上場所:しっぽの会 引き取り預かり
種類・特徴: キジトラ・白/半長毛
性 別:オス 体 重:3.6kg
推定年齢:2015/8月時点で推定2~3ヶ月
猫エイズ(-)猫白血病(-)9/15現在
4種ワクチン/追加ワクチン/去勢済
マイクロチップ

2015年8月保護
2016年10月20日死亡 享年1歳半

先天的な尿管の疾患で
お腹に管を入れて排尿していました。
当会では日に数回消毒を続け、
定期的に病院にも通い
亡くなった日もいつもの通院でした。
しかし容態が急変、病院で嘔吐を続け
尿毒症、アンモニア中毒を起こしていました。
お腹にチューブを通して
尿が出るようにしていたのですが、
チューブのどこからか
お腹の中に尿が漏れていたようで
お腹の中全体に尿が溜まり
アンモニア中毒をおこしたとのこと・・・。
数時間前まで元気な可愛らしい姿を
見せてくれていたグリコでしたので
あまりにも突然で呆然となりました。
スタッフが自宅に連れ帰ったりと
とても手をかけた子だっただけに、
ショックは大きく突然のお別れに
言葉もありませんでした。
皆さまとご一緒に
グリコの冥福をお祈りしたいと思います。


9月




DOS15078
仮 名:夏希
引上場所:滝川保健所
種類・特徴:ミックス
性 別:オス 体重:8.5kg
年齢:2015/7月時点で推定12~14歳
毛色・毛種:茶白・長毛
6種ワクチン/健康診断/フィラリア(-)
去勢済/マイクロチップ

2015年7月保護
2016年9月21日死亡 享年推定14歳

保健所に4頭で飼い主に放棄された夏希。
どこを触っても嫌がらない
穏やかなおじいちゃん犬でした。

高齢にもかかわらず、突然環境が変わり
ストレスもあったと思います。
今夏より体調を崩していましたが、9月に入り入院
心臓の治療をしましたが
2度ほど倒れ左側半身が麻痺
脳からきていると思われました。
その後、脳圧を下げる治療もしましたが、
何度か痙攣を繰り返し、起き上がることも出来ず
眼振も現れてきました。
最期は預かりボランティアさんのお宅で
添い寝している中
眠るように息を引き取りました。
皆さまとご一緒に
夏希の冥福をお祈りしたいと思います。






CMS16003
仮 名:白雪(しらゆき)
引上場所:釧路保健所
種類・特徴: 白
性 別:メス 体 重:3kg
推定年齢:2016年1月時点で推定4~6歳
猫エイズ(+)猫白血病(-)
4種ワクチン接種/避妊済/マイクロチップ
健康診断

2016年1月保護
2016年9月13日死亡 享年推定4~6歳

飼い主の死亡により同じ白猫の白玉、白豆と一緒に
放棄され、当会で引き取りをしました。

体調が悪く入院、お盆過ぎに退院しましたが
血液検査の結果では肝臓の数値がかなり高く
レントゲンを見ても
片方の肺は機能していないようで
もう片方の肺には腫瘍ができているのか
心臓を押しているようでした。
今後できる治療もなく
少しでも楽にしてあげることしかできないので、
皮下点滴をしながら
酸素室に入れてあげる方が良いと
退院し見守ることになり、
9月13日、静かに息を引き取りました。
穏やかなとてもいい子でした。
皆さまとご一緒に
白雪の冥福をお祈りしたいと思います。





DOS16033
仮 名:リオン
引上場所:しっぽの会引き取り預り
種類・特徴:ラブラドールレトリーバー
性 別:オス 体重:26.5㎏
年齢:2016/3月時点で12歳
(2004年2月生まれ)
毛色・毛種:黒/並毛
6種ワクチン/去勢済/マイクロチップ
健康診断/フィラリア(-)

2016年3月保護
2016年9月2日死亡 享年12歳

家庭の事情で新しい飼い主さんを探すことになり
3月に当会にやってきました。
12歳と高齢で、歩くスピードも遅く
足腰もだいぶ弱っている様子でしたが
お散歩も好きで楽しんでいました。
5月には左頬に腫瘍ができはじめ
進行がかなり早かったため
緊急手術で摘出しましたが
病理検査でメラノーマという癌だとわかりました。
左頬から首あたりの広範囲にできてしまったため
手術では取りきれず
それからも徐々に大きくなっていく一方でした。
痛み止めなどの薬は飲んでいたものの、
痛かったり、辛かったりしたと思います。
そんな中でも人が大好きで
怒ることもワガママを言う事もしない
とてもお利口で可愛らしい子でした。
大変な手術も乗り越え、頑張ってくれたリオン。
ゆっくり休んでね・・。
皆さまとご一緒に
リオンの冥福をお祈りしたいと思います。


8月




DMS16064
仮 名:ルナ
引上場所:由仁保健所
種類・特徴:サモエド
性 別:メス 体重:21.5㎏
年齢:2016/7月時点で9歳
毛色・毛種:白・長毛
6種ワクチン/健康診断/フィラリア(-)

2016年8月保護 8月10日死亡

8月1日、飼い主の事情により
由仁保健所に収容されたルナ。
性格はとても甘えん坊さんで人が大好きでした。
もともと糖尿病で
インスリンを打つなどの治療が必要でした。
10日の朝、呼吸が荒くなり
手足は伸び、自力で起き上がれない状態になり
すぐに病院へ向かい、受診・血糖値を計ったところ
低血糖にはなっていませんでしたが、
血液中の酸性度がかなり高い状態だと思われたため
そのまま入院になりました。
点滴などの治療を施してくださいましたが
その日の午後に息を引き取ってしまいました。

早いうちに新しいご家族との出会いがあるのではと
期待していましたので
余計に残念でなりません・・・
皆さまとご一緒に
ルナのご冥福をお祈りしたいと思います。





DOS14084
仮 名 タケル
引上場所:釧路保健所
種類・特徴:ラブラドール
性 別:オス 体重:33.5kg
年齢:2014/8月時点で推定10~12歳
毛色・毛種:クリーム/並毛
6種ワクチン/去勢済/マイクロチップ
健康診断/畜犬登録済

2014年8月保護
2016年8月2日死亡 享年推定12~14歳

迷子で保健所に収容されていたタケル。
引き取り後の健康診断で
左前肢が骨肉腫であることが分かり、
睾丸腫瘍、皮膚炎もあり
健康上たくさんの問題を抱えいたタケルですが
引き取り直後の断脚手術を終え
その後、2015年3月からは
預かりボランティアさんのお宅で、
家庭の温かさを味わい生活していました。
しかし、亡くなった日の夕方から
体調がおかしくなり、暑さのせいもあり
夕飯も食べなくなっていましたが、
オシッコも出づらくおかしいと思っていたら、
あっと言う間に旅立ってしまいました。
右前肢にも骨肉腫転移していたようなので
痛かったのに良く頑張ったと思います。
預かりボランティアさんには
感謝の気持ちでいっぱいです!
本当にありがとうございました!
皆さまとご一緒にタケルの
冥福をお祈りしたいと思います。



7月




COK16050 仮 名:キョンシー
COK16051 仮 名:ノンシー
COK16052 仮 名:キノ
引上場所:引取りした母猫が出産
種類・特徴 子猫
性 別:オス 

2016年7月19日生まれ 同日死亡

7月15日に釧路保健所から引き取りした
多頭飼育猫4頭のうちの1頭ネムが
7月19日に3頭の子猫を出産しました。
ネムはまだ1歳にも満たないお母さん猫で
産まれてきた子供のお世話を
する事ができませんでした。
3頭の命が繋がらず無念です・・・。
ネムには亡くなった子猫たちの分まで
幸せになって欲しいと思います。

皆さまとご一緒に3頭の小さな命の冥福を
お祈りしたいと思います。




DOS16055
仮 名:モッチィ
引上場所:江別保健所
種類・特徴:ミックス
性 別:オス 体重:10.95㎏
年齢:2016/7月時点で推定11~13歳
毛色・毛種:薄茶・短毛
6種ワクチン/健康診断/フィラリア(-)
去勢済/マイクロチップ

2016年7月保護
2016年7月21日死亡 享年推定11~13歳

6月中旬、新篠津村の畑にポツンといるところを
住民による通報で
役場から江別保健所に搬送されました。
当会に来て去勢手術をした後から
嘔吐や下痢がみられたため掛かり付けの病院で診察
脱水や貧血もあり、腫瘍がある可能性があるため
入院して血液検査や点滴などをして
様子を見ることになりました。
食事も食べられず、点滴をしてもらっていましたが、
入院から5日目の7月21日に
モッチィの体力は尽きてしまいました。
せっかく繋がった命を、
次の飼い主さまに繋げてあげられず
とても悲しいです・・・・。
当会に来て短い間でしたが
モッチィが見せてくれた満面の笑みを忘れません。
モッチィ、虹の橋でゆっくり休んでね。
皆さまとご一緒に
モッチィの冥福をお祈りしたいと思います。



6月




DMS16007
仮 名:千冬(ちふゆ)
引上場所:千歳保健所
種類・特徴:ミックス
性 別:メス 体重:8.4㎏
年齢:2016/1月時点で推定11~13歳
毛色・毛種:茶・白/千冬
6種ワクチン/健康診断/フィラリア(-)
避妊済/マイクロチップ

2016年1月保護
2016年6月28日死亡 享年推定13歳

飼い主に放棄され千歳保健所に収容されていた千冬。
保健所で里親募集をしていましたが、環境の変化と
冷え込みが強まったことが原因なのか体調を崩し
急遽当会で引き取り、動物病院で診察を受けました。
その後も体調が悪く預かりボランティアさんの
ご自宅でケアしてもらえることになり
以下、預かりさんからのご報告です。
-----------------------------------------------------
2月28日に我が家でお預かりしてから丸4ヶ月、
最初は触る度にビクビクしたり
抱っこをする度にパニックを起こしたり、
ご飯を食べなかったりと
頭を抱えることばかりでした。
2ヶ月くらい経った頃
気にいった物をガツガツ食べる姿を
見ることが出来て本当に嬉しかったです。
心臓と腎臓を患っていた千冬は
亡くなる4日前から、食欲が無くなり、
お水は自力で飲んでいましたが
病院で点滴と自宅で補液を続けてきました。
最期は腎不全を起こしたみたいで
オシッコの出も悪くなり、
夜から亡くなる朝方まで苦しそうな呼吸が続き
見ているのがとても辛かったです。
たった4ヶ月しか一緒にいられなかったですが、
お花見に行ったりと
沢山の思い出を残してくれました。
千冬へ
貴女は本当に良い子でした。
もっともっと一緒に居たかったけど、
今では全ての苦しみから逃れて
自由に駆け回っているのでしょうね。
我が家に来てくれて本当にありがとう。
-----------------------------------------------------
預かりボランティアさん
何から何まで本当にありがとうございました!
皆さまとご一緒に千冬の冥福を祈りたいと思います。





DMS13036
仮 名:小福
引上場所:しっぽハウスより委託
種類・特徴:ミックス
性 別:メス 体重:22㎏
年齢:2013/7月時点で推定10歳
毛色・毛種:薄茶/並毛
6種ワクチン/避妊済/マイクロチップ
健康診断/畜犬登録済

2013年7月保護
2016年6月2日死亡 享年推定13歳

小福は飼い主が引っ越しの際に、
家に置き去りにされたところを保護されました。
もともと皮膚の状態や心臓が悪く、当会に来てからも
飲み薬や治療を繰り返していましたが
今年に入り咳をすることが増え
大好きなゴハンも残しがちになりました。
5月には発作のような症状で2度も突然倒れたため
心臓の薬も飲み始めましたが、きっとこの頃には
どんどん身体も弱っていて
体力的にも辛かったと思います。
亡くなる前日は朝夕のゴハンは完食し
お散歩にも出かけました。
ですが翌朝、眠っているかのように亡くなっていて
すでに身体は硬直し冷たくなっていました。
人が大好きな穏やかで優しい気立てのいい子でした。
皆さまとご一緒に
小福の冥福をお祈りしたいと思います。



5月




COK16024
仮 名:翼
引上場所:滝川保健所
種 類:子猫
性 別:オス
年 齢:5月17日生まれ

2016年5月保護
2016年5月25日死亡 享年生後1週齢

5月24日、母猫の舞と一緒に
子猫の翼を引き取りました。
舞は保健所で3頭の子猫を産みましたが
1頭は間もなく亡くなり
もう1頭も引き取りに行く直前
保健所で亡くなってしまったそうです。
舞と一緒に引き取った子猫の翼も
一緒に病院へ直行し
点滴などの処置をしましたが
残念ながら、亡くなってしまいました。

一旦繋がったと思った命でしたが
助けてあげられなくて本当に残念です。

皆さまとご一緒に
翼の冥福をお祈りしたいと思います。





DOS12062
仮 名:ボルト
引上場所:札幌市動物管理センター
種類・特徴:ラブラドールレトリバー
性 別:オス 体重:Kg 
年齢:2012/8月時点で13歳
毛色・毛種:薄茶/やや長毛
6種ワクチン/去勢済/マイクロチップ
健康診断/畜犬登録済


2012年8月保護
2016年5月4日死亡 享年推定16歳

2012年8月、13歳の高齢で
札幌市動物管理センターに放棄された
ラブラドールのオスのボルト。
明るくボール遊びが大好きな子でした。
ボルトは膵臓が悪く
食欲も安定しない日が増えてきたため、昨年の7月
預かりスタッフのお宅で
ケアしてもらうことになりました。
大型犬で高齢でしたので
なかなかご縁がありませんでしたが、
最期は預かりスタッフの元で
幸せな最期を過ごすことが出来ました。
-----------------------------------------------------
5月4日に1年10ヶ月預かりをした
ボルトが亡くなりました。
家に連れてきた時は
会で何日間かごはんを食べてないという事で
連れてきたのですが、
うちに来てからはごはんを食べてくれて、
1年10ヶ月の間には何度かごはんを食べなくなったり
胃腸炎になったり、
脳梗塞になったりと体調崩した事はありましたが、
いつも復活してくれて
最後まで頑張ってくれていました。
今はもうおもちゃで遊ぶ
ボルトの姿を見れなくて寂しいですが、
放棄された時が13歳だったので、
今年17歳になる年だったと思うので
たくさん頑張ってくれて、
一緒にいてくれてありがとうと伝えたいです。
----------------------------------------------------
これまでボルトを応援してくださった皆さま
本当にありがとうございました。
皆さまとご一緒にボルトの冥福を
心よりお祈りしたいと思います。






CMK16019 仮 名:あっちゃん
CMK16020 仮 名:れっちゃん
引上場所:引取り預かりの母猫が出産
種類・特徴 子猫
性 別:メス 

2016年5月4日生まれ 同日死亡

5月4日午後アラレの2頭の子どもが亡くなりました。
3月、野良猫の母猫アラレは保護され
当会にやってきました。
アラレは、既に妊娠していたようで
近いうちにお産が始まると思っていましたが
4日朝スタッフが気づいた時には
2頭が産まれていました。
まだお産が続くと思いそっと見守っていましたが
その後様子を見たところ
2頭がグッタリしていました。
大急ぎで保温をして、ストーブやドライヤーも使い
暖めましたが、既に1頭は亡くなっていて、
もう1頭は虫の息で、1時間半後
大きく口を数回開け
天国へと召されてしまいました。

産まれてきた尊い命が繋がらなかったことは
非常に残念です。
生きていれば新たな飼い主さまに出会い
幸せになれたのに・・・。

皆さまとご一緒に2頭の小さな命の冥福を
お祈りしたいと思います。


3月



DOS11062
仮 名:ビンゴ
引上場所:石狩保健所
種 類:シーズー
性 別:オス 体重:4.5kg
年 齢:2011/9月時点で推定10歳
毛色・毛種:灰白/長毛
6種ワクチン/去勢済/マイクロチップ


2011年9月保護
2016年3月12日死亡 享年推定14歳

5年前、石狩保健所に収容されていたビンゴは
ガリガリに痩せ、耳はただれて炎症を起こし
飼育放置されていたような悲惨な姿でした。
その後、4年前から看てくださっていた
預かりボランティアさんからの訃報です。
-----------------------------------------------------
一月ほど前から食べ方が遅くなり始め
完食できなくなってきました。
足りない分を牛乳などで補ったりしましたが、
少し食べては疲れてしまうのか眠ってしまい
あまり動かないようになってきました。
お別れが近づいてきたかも・・・と思い、
一緒に寝たりしていましたが朝、
顔を洗って戻ると
こっそりと静かに逝ってしまっていました・・・
目も見えず
立つことも歩くこともできないビンゴでしたが、
ごはんやおやつに嬉しそうに反応し
うんちをしたら大声で吠えて教えてくれました。
前向きな子でした。
------------------------------------------------------
預かりボランティアさんの元で過ごした時間は
ビンゴにとって至福の時でした。
これまで本当にありがとうございました。
皆さまとご一緒に
ビンゴの冥福をお祈りしたいと思います。






DOS14023
仮 名 タルト
引上場所:岩見沢保健所
種類・特徴 シーズー
性 別:オス 体重:8㎏
年齢:2014/2月時点で14歳
毛色・毛種:白灰/長毛
6種ワクチン/去勢済/マイクロチップ
健康診断/畜犬登録済


2014年2月保護
2016年3月10日死亡 享年推定16歳

推定16歳のシーズーのオスのタルトは、
迷子で保健所に収容されていました。
厳寒の冬に丸刈りの身体で彷徨っていたとのこと。
飼い主に遺棄されたのではと思われました。
以下、預かりスタッフからのご報告です。

3月10日の夜にタルトが亡くなりました。
ついこの前まで
ごはんもたくさん食べて元気だったんですが、
散歩に出してもあまり歩かなくなり
目薬をしてもドライアイが悪化したり、
着々と老化が進んできてるようでした。
亡くなる1ヶ月くらい前からごはんを食べなくなり、
毎日点滴をしたり
流動食を飲ませたりしていました。
亡くなる日は朝からずっと呼吸が苦しそうで
かわいそうでしたが、
夕方には自然と落ち着いてきて
夜遅くに静かに亡くなりました。
今はタルトがいなくなった部屋を見ると
とてもさみしいです。

預かりスタッフの元で静かに犬生を終えたタルト。
人の温かさを感じて余生を過ごせたことは
幸せな最期だったと思います。
皆さまとご一緒に
タルトの冥福をお祈りしたいと思います。



1月



DMS12101
仮 名:風美(かざみ)
引上場所:石狩保健所
種類・特徴:柴犬
性 別:メス 体重:Kg 
年齢:2012/11月時点で推定10歳
毛色・毛種:茶白/並毛
6種ワクチン/避妊済/マイクロチップ/健康診断


2012年11月保護
2016年1月29日死亡 享年推定13歳

保健所に迷子で収容されていた風美。
首にはちぎれたワイヤーがぶら下がっていました。
彷徨ったのか捨てられたのか飼い主は現れず、
老犬の風美に新たな飼い主も見つからないことから
処分が決まっていたギリギリの崖ぶちの命でした。
以下預かりボランティアさんからのご報告です。
二軒の家での協力体制でお預かりさせて頂き
2年3ヶ月目の旅立ちでした。
最近は少しお腹の不調が続いてはいましたが
最期の日までご飯も食べてくれて居ました。
亡くなる時は嘔吐が始まり、その後
静かに呼吸が止まりました。
只々背中を摩ってあげる事しか出来ず
あっと言う間の旅立ちでした。
❤ 風美へ
可愛い姫、本当に本当に良く頑張ったね!
産まれて来てくれてありがとう!
幸せな日々をありがとう!

預かりボランティアさん、風美に幸せな時間を
本当にありがとうございました。
お二人に心よりお礼申し上げます。
応援してくださった皆さまとご一緒に
風美の冥福を心よりお祈りしたいと思います。






CMS14079
仮 名:ナゴミ
引上場所:江別保健所
種類・特徴: 茶・白
性 別:メス 
推定年齢:2014/12月時点で推定16歳
猫エイズ(-)猫白血病(-)
4種ワクチン/健康診断/避妊済/マイクロチップ


2014年12月保護
2016年1月21日死亡 享年推定17歳


飼い主が死亡し、孫のホナミと一緒に
保健所に引き取られたナゴミ。
人馴れしていて撫でると気持ちよさそうに
ゴロゴロ言いながら甘えました。
昨年12月後半に急に食欲が落ち元気もなくなり
31日から入院していました。
診断は糖尿病からくる肝不全で
入院中も食欲が戻らず回復の見込みがないと
1月12日に退院しましたが、
退院時には自力で立ち上がる事ができないほど
弱っていました。
スタッフが余生は暖かい家庭で
ゆっくり過ごして欲しいと、
退院した翌日に自宅に連れて帰りました。
吐き気が収まらずずっと点滴を続けていましたが、
9日目の夜に呼吸が急に途切れ途切れになり、
再び息をすることがなくなってしまいました。
最期は家庭の温かな環境で天国に召され
心穏やかだったのではないでしょうか。
皆さまとご一緒に
ナゴミの冥福をお祈りしたいと思います。






DOS14085
仮 名 フレア
引上場所:釧路保健所
種類・特徴:ヨークシャーテリア
性 別:オス 体重:kg
年齢:2014/8月時点で推定12~14歳
毛色・毛種:灰・茶/長毛
6種ワクチン/去勢済/マイクロチップ/健康診断


2014年8月保護
2016年1月9日死亡 享年推定13~15歳


迷子で保健所に収容されていたフレア。
飼い主のお迎えも新たな出会いもなく
当会で引取りしました。
保護時から白内障のため右目は完全に視力がなく
左目もかなり悪そうでした。
以下、預かりボランティアさんからのご報告です。

腎臓と膵臓を患っていたフレアに
残された時間がどれ位あるのか?
例え短くても美味しい物を食べて
楽しい思いを沢山させてあげたいと願って、
フレア中心の毎日を過ごしていました。
年明け、1月4日からまた食べれない日が続き
点滴を続けてきましたが
8日の夜中から朝方にかけて
尿毒症の症状である痙攣が3回あり苦しそうでした。
その後、昼過ぎの痙攣の後、呼吸が停止してしまい
残念ですが2度目の奇跡は起こりませんでした。
本当に頑張って生きてくれたフレアには
感謝と労いの言葉しかありません。

預かりボランティアさん
フレアを大切にしていただき
本当にありがとうございました。
皆さまとご一緒に
フレアの冥福をお祈りしたいと思います。





TOPへ戻る