メモリアル

  




2009年にしっぽの会で亡くなった子たちのメモリアルページです。
この子たちのことは生涯わすれません。

2009年に虹の橋へ旅立った6匹のしっぽある友





CMS09006 仮 名:DD(ディーディー)
引上場所:しっぽハウスより委託
種類・特徴:白黒・和猫 性 別:メス
猫エイズ(+)白血病(-)

2009年3月保護
2009年6月25日死亡 享年推定8歳



6月25日、ディーちゃんが永眠しました。
やっと元気になってきたねって、みんなで喜んでいたところでした。
きっとディーちゃんにも優しい飼い主さんが現れてくれると
思っていました。
体が辛かったろうに、いつもゴロゴロと甘えてくれたディーちゃん。
ゆっくり安らかに眠ってください。

皆様と、DD(ディーディー)の冥福を祈りたいと思います。






DOS08019 仮 名:ガブ
引上場所:迷子犬 
種 類:ミックス  性 別:オス
毛色・毛種:黒茶・短毛
2005年12月保護
2009年10月3日死亡 享年推定10歳




ガブは代表が保護活動を始めた頃に保護した古株の子でした。
渋さが魅力で独特の存在感があって、
皆に愛され慕われていました。
神経の病気で歩けなくなった時期もありましたが、
奇跡的に回復し元気を取り戻しつつありましたが、
2009年9月末に体調を崩し入院しました。
保護した時のガブは既にフィラリアに感染していましたが、
それが心臓にダメージを与える原因になっていました。
10月3日深夜に静かに息を引き取りました。
ガブ君、いままで皆を笑顔にしてくれて有難う !!

皆様とガブの冥福を祈りたいと思います。






CMS08032 仮 名:豆
引上場所:札幌動物管理センター
種類・特徴:サバトラよもぎ猫  性 別:メス
猫エイズ(-)白血病(-)
2008年4月保護
2009年2月1日死亡 享年推定2歳




2月1日、豆ちゃんが亡くなりました。
豆ちゃんは生まれつき骨格の影響から便の通りが悪く、
自力で排便する事が出来ませんでした。
定期的に浣腸をしていましたが、もともと食が細く、
2009年になって急に元気がなくなり、短い生涯を終えました。
豆ちゃんの早すぎる死が悔やまれます。

皆様と豆の冥福を祈りたいと思います。






COS09041 仮 名:マメ太郎
引上場所:しっぽハウス
種類・特徴:キジトラ白 性 別:オス
猫エイズ(-)猫白血病(-)
2009年10月保護
2009年11月13日死亡 享年推定11歳





日本の至るところに家を持たない野良猫はいますが、
マメ太郎もそんな境遇の猫でした。
負傷して弱った身体で会に来ましたが、
元気になって人慣れもしてくれば、
温かい家庭に引き取られるのも夢ではないと思っていました。
しかし、11月13日にとうとう短い生涯を終えてしまいました。
亡くなって初めて撫ぜてあげることができました。

皆様とマメ太郎の冥福を祈りたいと思います。






COS08069 仮名:望(のぞむ)
引上げ場所:札幌市動物管理センター
種類:茶トラ 性別:オス
猫エイズ(-)白血病(-)
2008年8月保護
2009年6月4日死亡 享年推定4歳





亡くなる数ヵ月前から体調不良の望でしたが、
6月4日、とうとう天国へ旅立ってしまいました。
最期は恐れていた呼吸困難も無く、安らかでした。
多くの疾患を抱えながらも凄い頑張りで生き抜いた望。
天国で安らかに過ごしていることでしょう。
皆様の応援本当に有難うございました。

皆様と望の冥福を祈りたいと思います。






DOS09068 仮 名:リキ
引上場所:札幌市動物管理センター
種 類:テリアミックス 性 別:オス
毛色・毛種:黒・長毛

年 齢:2009年8月保護
2009年11月28日死亡 享年12歳





札幌市動物管理センターに収容されていた時のリキは、
淋しそうにポツンとうずくまり、
突然の環境の変化に戸惑っている様子でした。
当会で引き取り後も、
殻に閉じこもりハウスから出ようとはしませんでしたが、
徐々に現実を受け入れたのか元気になりました。
やっと穏やかに過ごせるようになった頃、突然痙攣を起こし、
11月28日深夜に残念ながら力尽きてしまいました。
痙攣を起こしている時は苦しそうで本当に可哀相でしたが、
最期は静かに息を引き取りました。

皆様とリキの冥福を祈りたいと思います。






TOPへ戻る