メモリアル

  



2013年にしっぽの会で亡くなった子たちのメモリアルページです。
この子たちのことは生涯わすれません。

2013年に虹の橋へ旅立った17匹のしっぽある友





DOS11074
仮 名:ライム
引上場所:札幌市動物管理センター
種 類:シーズー 性 別:オス
2011/11月保護
2013年12月29日死亡 享年推定14歳




12月29日、ライムが虹の橋へ旅立ちました。
2011年11月、迷子で札幌市動物管理センターに
収容されていたライムでしたが、
とうとう飼い主のお迎えはありませんでした。
両目とも眼球に弾力がなく視力もない状態で、
皮膚病も酷く充分なケアが必要でした。
2012年1月から、預かりボランティアさんのお宅で
暮らしていましたが、
亡くなる2ヵ月位前に突然四肢が麻痺状態になり、
寝たきりになってしまいました。
病院の診断は脳障害・・・治療もしましたが、
残念ながら回復することはありませんでした。
ですが、ライムは食欲はあり寝たきりでしたが
2ヵ月間よく頑張ってくれました。
預かりボランティアさんは、「寂しくなりましたが、
今頃天国で不自由になった肉体を脱ぎ捨てて、
自由に走り回っているんじゃないかなと思います。」
とライムへの思いを寄せてくださいました。
大人しく静かで、マイペースだったライム☆
今までよく頑張りました、ありがとう!
預かりボランティアさん、
ライムを温かなご家庭で過ごさせてくださり、
本当にありがとうございました。
皆様とライムのご冥福を祈りたいと思います。






DOS10063
仮 名:シーマ
引上場所:滝川保健所
種 類:ミックス 性 別:オス
2010年6月保護
2013年12月19日 享年推定13歳



12月19日、シーマが虹の橋へ旅立ちました。
シーマは2010年6月、迷子で滝川保健所に収容され、
飼い主が判明したにも関わらずお迎えはありませんでした。
会に来た当時はまだ元気で食欲も旺盛、
お散歩も好きな子でしたが、ここ1年くらいで老いが進み
自力で起立や歩行することも出来なくなり、
食餌にも介助が必要になりました。
ここ数か月は寝たきりの状態で、
スタッフが特製ベッドを作って介護にあたっていました。
亡くなる2日前の出来事ですが、
預かりボランティアさんが、最期は家庭の温もりの中でと、
自宅に連れて行ってくださいました。
保護時からシーマを良く知るボランティアさんのもとで
天国に召さたシーマですが、スタッフの介護や
ボランティアさんに抱っこ散歩してもらったことなど、
人の温かさや優しさは十分わかっていたことでしょう。
マイペースで穏やか、平和主義だったシーマ☆
今まで本当にありがとう!
家庭の温かさをシーマに与えてくださった
預かりボランティアさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
皆様とシーマのご冥福を祈りたいと思います。






COS13033
仮 名:ミミ太
引上場所:しっぽハウスより委託
種 類・特徴: 白黒 性 別:オス
2013年9月保護
2013年11月22日死亡 享年推定15歳




11月22日、ミミ太が虹の橋へ旅立ちました。
ミミ太は2013年9月に家庭の事情により
当会にやってきました。
当時から食欲にムラはありましたが
突然の環境の変化にも負けまいと
15歳と高齢ながら懸命に生きていました。
検査では腎臓が悪く闘病生活を続けてきましたが、
11月に入り気温もグッと落ち込んだ頃、
体調が悪化、食欲もなくなってしまいました。
貧血や脱水もひどく歩行も困難になり
食事も自分ではとれなくなってしまったため
点滴での治療となりましたが、
保護当時3.7kgあった体重も1.9kgまで
減ってしまいました。
高齢のミミ太には、飼い主さんと離れ
施設で暮らすことや気候の変化は、
体調を崩す大きな原因となってしまいました。
人が大好きなミミ太でしたので、
ひとりぼっちで最期を迎えさせないようにと
スタッフが自宅へ連れて帰り、
3日目の11月22日午前1時過ぎにスタッフの
腕の中で静かに息を引き取りました。
皆様とミミ太のご冥福を祈りたいと思います。






DOS12130
仮 名:ルイ
引上場所:滝川保健所
種類:ミックス 性 別:オス
2012年12月保護
2013年11月2日 享年推定10歳



ルイは滝川保健所に迷子で収容されていましたが、
足もともおぼつかないルイが迷子になるとは考えづらく、
老犬になり捨てられたようでした・・・。
保護当時から痩せて食欲もありませんでしたが、
次第に自力で歩くことができなくなり、
十分なケアが必要になりました。
2013年2月から預かりボランティアさんのお家で
暮らすことになり、ケアを十分にしてもらい、
幸せに暮らしていましたが、
9月肝臓癌になってることが分かりました。
日に何度も下痢をしとても辛そうで、
下痢止める注射をしに通院していました。
亡くなる前日は何度も痙攣を起こし、
ボランティアさんに看取られ静かに虹の橋へ旅立ちました。
病院の先生が「もう危ないです」と仰られてからも
1ヶ月近くもルイは良くがんばりました。
家庭の温かさをルイに与えてくださった
預かりボランティアさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
皆様とルイのご冥福を祈りたいと思います。






COS10064
仮 名:カズ
引上場所:江別保健所
種類・特徴:シャムミックス/灰 性 別:オス
2010年9月保護
2013年10月25日 享年推定10歳



2010年9月、カズは江別保健所より当会にやってきました。
残念ながら猫白血病キャリアでしたが、
保護当時は食欲もあり顔は丸々していました。
免疫不全で繰り返される口内炎で、
注射を打っていましたが、
副作用があるので飲み薬に切り替え様子を見ていました。
カズ特製缶詰を与えたお陰か一時は肉づきも良くなり、
持ち直すのではと淡い期待を抱きました。
しかし、10月25日早朝低体温で
呼吸も弱いので、身体を暖め酸素吸入しました。
その後、一進一退を繰り返し、
午後2時頃、皆に見守られながら虹の橋へ旅立ちました。
お盆過ぎに余命1週間の宣告を受けたカズ・・・。
それから2ヵ月、本当にカズは良くがんばりました!
人が大好きで、体調が悪くても人の膝の上に
やって来る甘えん坊だったカズ。
お腹が空くと部屋のドアの前で
じっとご飯を待っていたカズ。
そんなカズとまだまだ一緒に居たかったです。
カズは日々大切に生きることを私たちに教えてくれました。
皆様とカズの冥福を心から祈りたいと思います。






DOS11070
仮 名:優(ゆう)
引上場所:札幌市動物管理センター
種 類:マルチーズ 性 別:オス
2011年11月保護
2013年10月6日死亡 享年推定9歳




優は飼い主に放棄され札幌市動物管理センターに収容され、
2011年11月に当会にやって来ました。
性格は気にくわない事があると勝気になる優でしたが、
人との距離も徐々に縮まり、
コロンとひっくり返ってお腹を見せてくれたり、
甘えるようになりました。
10月6日の夕飯後に突然倒れ、一時呼吸困難に陥りました。
人工呼吸や酸素吸入を行い、すぐに病院に向かいましたが、
再び呼吸困難になり、人工呼吸を施しましたが
そのまま虹の橋へ旅立ってしまいました。
優はもともと心臓が弱かったため、
心臓発作か心筋梗塞が原因だと思われました。
当日の優はいつもと変わりなく元気でしたので、
突然の出来事に驚きと悲しみでいっぱいでした。
皆様と、優のご冥福を祈りたいと思います。






COK11029
仮 名:ビバ
引上場所:滝川保健所
種類・特徴:茶トラ 性 別:オス
2011年8月保護
2013年9月4日死亡 享年推定2歳



ビバは2011年8月に滝川保健所から保護した子猫で、
一緒に保護したネオと兄弟のように仲良く育ち
同じく一緒に保護したマザーに、
我が子のように愛情いっぱいに育てられました。
たくさんの愛情のもと成長したビバは、とても人懐こく、
遊ぶことが大好きなやんちゃな子に育ちました★
しかし、ビバは残念ながら猫白血病キャリアでしたので、
感染症の子の部屋で穏やかな日々を過ごしていました。
7月下旬、体調が悪く血液検査したところ、
白血球が多くなっていて白血病が発症、
それが原因となってリンパ腫になり、
余命1ヵ月の宣告を受けました。
今夏には、そんなビバをご理解のうえ
お迎えを決めてくださる方との出会いもありましたが、
白血病が発症し体力がなくなっていく中での環境の変化は、
ビバの負担になるとのことから
お見舞いに通ってくださいました。
推定2歳、これから幸せになるはずだったビバ・・・。
最期まで人のことが大好きだったビバ・・・。
皆様と、ビバのご冥福を祈りたいと思います。






DOS12034
仮 名:エルモ
引上場所:札幌市動物管理センター
種類・特徴:ミックス 性 別:オス 
2012年5月保護
2013年8月14日死亡 享年推定15歳



エルモは飼い主さんが亡くなり動物管理センターに収容され、2012年5月に当会で保護しました。
性格はとても穏やかで人懐こく、
笑顔がとても可愛らしい子でした。
保護当時からお尻に大きな腫瘍がありましたが、
推定14歳と高齢でしたので、麻酔の不安もあり
手術は行いませんでした。
その後、腫瘍が進行、
亡くなる2日前には腫瘍から出血が診られたため
受診、治療を施していただきました。
しかし、翌日も出血が止まらず、病院に着いた時には、
貧血と脱水で自力歩行も出来なくなりました。
このままでは腫瘍が破裂すると
貧血が悪化してしまうことから、
翌日14日急きょ手術を決行しました。
しかし、残念ながら麻酔から目を覚ますことなく
天国へと旅立ちました。
老犬ながら元気にのんびり暮らしていたエルモとの
突然のお別れでした・・・
皆様と、エルモのご冥福をお祈りしたいと思います。






COS08016
仮 名:寅次郎
引上場所:野良
種類・特徴:茶トラ白 性 別:オス
2006年12月保護
2013年7月8日死亡 享年推定12歳



寅次郎は2006年の12月に、野良猫として保護されました。
猫エイズと猫白血病ともにキャリア持ちの寅次郎でしたが
亡くなる前日まで、
普段通り元気にのびのび過ごしていました。
しかし、翌朝スタッフが出勤したころには
すでに身体が硬直しており
目や口は開いて泡を吹いて亡くなっていたため、
突然の発作が起きてしまったのかもしれません。
毎日元気で何の変りもない様子だった寅次郎との
突然のお別れに驚きと悲しみでいっぱいです。
寅次郎は2006年に保護され、感染症キャリアだったためか
良いご縁に恵まれることはありませんでしたが、
愛嬌たっぷりで人懐こく可愛らしい寅次郎は、
しっぽの会のアイドル的存在でした。
最期、寅次郎が苦しんだ時間が短かったことが、
せめてもの救いだと思います。
しっぽの会の歴史と一緒に歩んできた寅次郎のことは
これからも忘れません。
皆様と、寅次郎のご冥福を祈りたいと思います。






DMS10065
仮 名:テンボ
引上場所:札幌市動物管理センター
種 類:ミニチュアダックス 性 別:メス
2010年7月保護
2013年7月11日死亡 享年推定10歳



テンボは2010年に札幌市動物管理センターより
当会にやってきました。
保護当時は痩せて栄養失調のような身体つきで、
象のような固い皮膚に覆われ、脱毛し免疫不全の難病でした。
何度も通院と検査を重ねた結果、
2012年の1月に皮膚水症という難病だと分かりました。
2012年5月からは預かりボランティアさんのもとで
暮らすようになりました。
以下、預かりボランティアさんからご報告をいただきました。

11日朝6時頃テンボが亡くなりました。
預かりしてから1年1ヶ月とちょっと一緒に暮らしました。
うちに来た時から心臓が悪く難病にもかかっていました。
最近は腎臓が悪くなり、
口の中に悪性腫瘍ができて手術をしましたが、
すぐに再発していました。
今から1ヶ月くらい前にもう危ないかなと
思った時がありましたが、
そこからちょっと元気になって持ち直してくれました。
色々な病気をかかえてるのに頑張ってくれたと思います。
元気な時は家の中にあるおもちゃをたくさん集めてきて、
自分のベッドをおもちゃでいっぱいにしたり、
抱っことなでなでが好きな甘えん坊な子でした。
テンボと一緒に暮らせて楽しかったです。
ありがとうございました。

預かりボランティアさんのお家で心穏やかに、
家庭の温かさを感じながら幸せに過ごすことができたテンボ。
預かりボランティアさん、本当にありがとうございました。
皆様と、テンボの冥福を祈りたいと思います。






DOS10003
仮 名:りゅう
引上場所:しっぽハウス
種 類:柴犬 性 別:オス
2010年2月保護
2013年7月21日死亡 享年推定16歳



2010年の2月に家庭の事情により、当会にやってきました。
保護当時は13歳と高齢でしたが、
とても元気でお散歩が大好きな子でした。
2012年の2月からボランティアさんのお宅で
ケアしていただいていましたが、
今年になってから食欲が安定せず下痢が続き、
まん丸だった身体もほっそりして一周り小さくなりました。
亡くなる2週間くらいまえから自力で立てなくなり、
食欲はいくらかありましたが、介助が必要になりました。
病院で診察していただいたところ、
内臓がかなり弱っているとのこと、
亡くなる数日前には、全く食べれなくなってしまいました。
21日、口元が痙攣し様子が変だったので抱き上げると、
腕の中でそのまま天国へと旅立ってしまったそうです。
最期は温かいボランティアさんのご家庭で暮らせて幸せでした。
預かりボランティアさん、本当にありがとうございました。
皆様と、りゅうの冥福を祈りたいと思います。






DOS13024 仮 名:梅男
引上場所:函館保健所
種類・特徴:ミックス 性 別:オス 
2013年5月保護
2013年6月11日死亡 享年推定5歳



梅男は5月函館保健所より、桜子と一緒に
当会にやって来ました。
保護当時の梅男は元気でパワフル、笑顔が可愛らしく、
人が大好きで、大きな体で甘えてくる子でした。
亡くなる数日前から、食欲はあったのですが元気がなく、
病院で診察した結果は心雑音があり心臓肥大・・・
強心剤の注射をして飲み薬をいただきました。
亡くなる数分前に犬舎で隣の犬と激しく吠え合い興奮し、
一旦落ち着かせようと外に出たところ、
そのまま倒れてしまいました。
スタッフ数人で大急ぎで心臓マッサージと
酸素吸入しましたが、
残念ながらそのまま天国へと旅立ってしまいました。
死因は心臓麻痺だと思われました。
愛嬌がありお利口な梅男・・・
新しい家族との出会いを果せなかったことが、
本当に残念です。
皆様と、梅男のご冥福を祈りたいと思います。






DOS11020 仮 名:北斗
引上場所:北斗市役所
種 類:柴犬 性 別:オス 
2013年5月保護
2013年5月12日死亡 享年推定8歳



厳寒の今年1月31日、北斗市清川付近で保護された北斗。
腸の一部が肛門から飛び出し早急に治療しなければ
命にかかわることから、譲渡の交渉を北斗市役所と
させていただき、特例として当会での引き取りを
承諾してくださいました。
引き取り後は、すぐにかかりつけの病院に向いました。
病院では出ていた腸を戻し、手術するか、
状況次第では手術を行わないか
経過をみるため入院しましたが、
12日(日)朝、事態が急変、
北斗はショック状態で亡くなってしまいました。
解剖の結果、死亡の原因は腸が破裂し
腹膜炎を起こしたためでした。
優しい人に出会い温かい家族のもと、幸せに暮らして欲しい・・
これまで苦労した分、何倍も余生を楽しんで欲しい・・・。
その願いは叶わず、北斗は虹の橋へ旅立ってしまいました。
本当に残念で残念でなりません・・・。
皆様と、北斗の冥福を祈りたいと思います。






DOS11020 仮 名:モンチッチ
引上場所:滝川保健所
種 類:ウイペット 性 別:オス 
2011年5月保護
2013年4月7日死亡 享年推定10歳



モンチッチは2011年5月、滝川保健所に放棄された
ウイペットのオスで、保護時には肛門と生殖器横に
大きな腫瘍があり2011年6月に手術、
12月には尻尾も切除しました。
その後は、脊髄欠損症となり、トイレ散歩以外の運動は禁止、
痛みで震えていた姿が痛々しく、
何とか笑顔になれるようにとお世話する日々でした。
高齢になって飼い主に捨てられ、病気と闘う日々・・・
放棄されただけでも辛いのに、
重病のモンチッチが本当に可哀想でなりませんでした。
そんな時、昨年5月預かりボランティアさんが
預かりを申し出てくださいました。
預かり後、医師から余命数ヵ月と宣告されたモンチッチ。
膀胱周辺から左後肢の内股にかけて出来た移行上皮癌は
手術しても再発しやすく、また、転移も多いことから、
手術しても数ヵ月の延命・・・手術を選択しても回復は
望めませんでしたが、1年近くもがんばってくれました。
これまで苦難の多かったモンチッチも、
最期は温かいボランティアさんのご家庭で暮らせて幸せでした。
預かりボランティアさん、本当にありがとうございました。
皆様と、モンチッチの冥福を祈りたいと思います。






COS08061 仮名:ヘレン
引上場所:札幌市動物管理センター
種類・特徴:黒猫 性別:オス
猫エイズ(+)白血病(+)
2008年8月保護
2013年2月22日死亡 享年推定8歳



ヘレンが2月22日朝方、虹の橋へ旅立ちました。
残念ながら猫白血病と猫エイズでしたが、
同じ感染症の同室の猫とも仲良く過ごしていました。
感染症でも健気に頑張っていましたが、昨年夏頃より体調を崩しだし、9月に入院、免疫を上げる治療を行いましたが、
その後は、口内炎を繰り返し食べれなくなって、
体重もどんどん落ちていきました。
水も飲まなくなり、点滴と痛み止めの注射をしましたが、
ヘレンにはもう病気と闘う力は残っていませんでした・・・。
最期は、痛み止めが効いていたので、
苦しまず穏やかな旅立ちのようでした。
いつも、ご機嫌で人懐こく、皆に愛されてたヘレン。
皆様と、ヘレンの冥福を祈りたいと思います。






DMK13009 仮 名:ベガ
引上場所:石狩保健所
種類・特徴:ミックス 性 別:メス 
2013年1月保護
2013年2月8日死亡 享年推定4ヵ月



石狩市厚田で捕獲機にかかった半野良3匹兄妹のベガは、
小さな身体で厳寒の冬を、兄妹で頑張って生き抜いてきました。
しかし、保護後8日目の2月8日の朝方、
残念ながら、小さな小さな命は虹の橋へ旅立ちました。
6日、食餌を残しましたが特に変わった様子はなかったのですが、
7日の午前中に吐いて血便と血尿をしていたため、
大急ぎで病院に連れて行きました。
混合ワクチンを接種して、ちょうど1週間でしたが、
血液検査の結果、白血球が減少していることや、
嘔吐、血便などの症状から、
パルボウィルスに感染した可能性が強いとの診断でした。
そのまま入院し免疫力をあげるため治療をしましたが、
病院から8日朝方、亡くなったと悲しいお知らせがありました。
幸せへのスタートラインに立ち、
新しい飼い主さんにバトンを渡す前に、
悲しく非常に残念ですが、
ベガの小さな命の灯火は消えてしまいました・・・。
皆様と、ベガの冥福を祈りたいと思います。






DOS11028 仮 名:アサヒ
引上場所:石狩保健所
種 類:柴系ミックス
性 別:オス 
毛色・毛種:茶/並毛
2011年6月保護
2013年2月1日死亡 享年推定11~歳


迷子で保健所に収容されていたアサヒ。
年を取って捨てられたのでしょうか。
アサヒは体調が優れず、2012年7月より、
預かりボランティアさんのお宅で過ごしていましたが、
ここまで長生きできたのは、
預かりボランティアさんが
昼夜をとわず看病してくださったお陰でした。
以下、預かりボランティアさんからご報告をいただきました。
今日、アサヒが虹の橋を渡りました。
亡くなる前日からは水も飲まなくなってしまいましたが、
最期はかすれた声で、「ワンワン」と鳴いてから
静かに息を引き取りました。
一緒に暮らせた期間は短かったですが、
少しづつ痩せて少しづつ老いて、
ありがとうを沢山伝えられたと思います。
預かりボランティアさん、本当にお世話になりました。
心より感謝申し上げます。
皆様とアサヒの冥福を祈りたいと思います。






TOPへ戻る