メモリアル

  



2015年にしっぽの会で亡くなった子たちのメモリアルページです。
この子たちのことは生涯わすれません。


2015年に虹の橋へ旅立った39頭のしっぽある友


12月




DOS13055
仮 名:富男( とみお )
引上場所:富良野保健所
種類・特徴:ミックス
性 別:オス 体重:14.15㎏
年齢:2013/10月時点で推定10歳
毛色・毛種:薄茶/並毛
6種ワクチン/去勢済/マイクロチップ
健康診断/畜犬登録済

2013年10月保護
2015年12月27日死亡

明るく元気でとても人懐こい甘えん坊でしたが
保護当時から心臓がとても悪く
ずっと複数の薬を服用していました。
11~12月にかけてご飯を食べても吐いたり
食欲不振になることが多くなり
お腹が空いてご飯を食べたいのに
口に入れると吐き出してしまう毎日で
富男自身も亡くなる前の数日間は
辛い日々だったと思います。
亡くなる当日、ボランティアさんが
年末年始は温かいお家で
富男と一緒に過ごしてあげたいと申し出てくださり
自宅へ連れて帰ってくださいました。
ですが、その日の夜11時半頃に眠っていた富男が
突然立ち上がったことに気づき、
富男を抱いて声を掛け続けましたが呼吸が荒くなり
20回ほど喘いでから前足の力が抜けて倒れ
そのまま亡くなってしまいました・・・。
いつ亡くなってもおかしくない身体で
ここまで頑張ってこれたのも
きっと大好きな人と最期を迎えるために
頑張ってきたのかな・・と思います。
今は、最期を看取ってくれた
ボランティアさんのお家で安らかに眠っています。
今まで富男を応援してくださった皆さま
ありがとうございました。
皆さまとご一緒に
富男のご冥福をお祈りしたいと思います。




DOS14106
仮 名:クッシー
引上場所:釧路保健所
種類・特徴:ミックス
性 別:オス 体重:8.25kg
年齢:2014/10月時点で推定7~9歳
毛色・毛種:茶/並毛
6種ワクチン/健康診断/去勢済
マイクロチップ/畜犬登録済

2014年10月保護
2015年12月22日死亡 享年推定7~9歳


迷子で保健所に収容されていたクッシーですが、
お迎えはなく新しい出会いもありませんでした。
健康診断で腎臓が悪いことがわかり
当会のスタッフが体調不良のクッシーを連れて帰り
お世話していましたが、
数日前から、息が荒くなり
ぐるぐる周り様子がおかしくなりました。
かかりつけの動物病院で
注射と点滴をしてもらいましたが
先生は、「非常に厳しい」と仰り、
入院と帰宅の選択に、クッシーと家に帰りました。
翌日は一緒にいつも通り出勤し、帰宅して点滴し、
「クッシー?母ちゃん、ここに居るよ!」の
声をかけたのが最後でした。
ハァハァしながら、息を引き取ったようです。
クリスマスケーキをみんなで食べよう!と予約し
あと2日でクリスマスでしたから、泣いても泣いても
泣ききれませんでした。
今までクッシーの応援をしてくださった皆さま
ありがとうございましたm(__)m
皆さまとご一緒に
クッシーの冥福をお祈りさせていただきます。




DMS15113
仮 名:絆
引上場所:紋別保健所
種類・特徴:柴犬系
性 別:メス 体重:8.8kg
年齢:2015/9月時点で推定10歳
毛色・毛種:黒/並毛
6種ワクチン/健康診断/フィラリア検査(-)
避妊済/マイクロチップ


2015年9月保護
2015年12月14日死亡 享年推定10歳

猫3匹と一緒に保健所に放棄された絆。
乳腺腫瘍が見つかり、11月、1度目の手術が終わり
2度目の手術をこれからする予定でした。
11月末から下痢をすることが増えたため
便検査を2度行いましたが悪い菌などは見つからず
食欲もあったため下痢止めの薬を飲ませて
経過観察をしていました。
亡くなる数日前には下痢も治まってきていたため
体調も回復に向かっているように思えたのですが
12月14日の朝、スタッフが出勤した時には
既に亡くなっていました。
首を反らせた状態で亡くなっていたため、
夜中に発作などが起きたのかもしれません・・・。
人が大好きで、誰にでも懐き 優しい性格だったので
ボランティアさんにも
たくさん可愛がってもらっていました。
皮膚の状態も回復に向い
本来の姿を取り戻してきていたので
新しい飼い主さんとの出会いも
時間がかからないのでは・・と
期待していたところでしたので
とても残念で悔しい気持ちです・・。
今まで絆の応援をしてくださった皆さま
ありがとうございましたm(__)m
皆さまと共に絆の冥福をお祈りしたいと思います。





DMS13091
仮 名 :忍 (しのぶ)
引上場所:函館保健所
種類・特徴:ミックス
性 別:メス 体重:7.15㎏
年齢:2013/12月時点で15歳
毛色・毛種:白/長毛
6種ワクチン/避妊済/マイクロチップ
健康診断/畜犬登録済

2013年12月保護
2015年12月4日死亡 享年推定17歳


飼い主に放棄され保健所に収容されていた忍。
夏から秋にかけて
黒っぽい便をたびたびするようになっていましたが
亡くなる数日前から急速に食欲が落ち
足腰も踏ん張りが利かないようになり
寝ていることが多くなりました。
寝たきりではなく、時々は自力で立ち上がって
水を飲んだりはしていましたが
口内炎もなかなか治らないようで
亡くなる2日前には
食事は高栄養の液体のものをシリンジで
少量口に入れる程度になっていました。
4日朝、スタッフが出勤して
様子を見に行ったところ
前日の夕方に寝床を整えて
寝かせたままの姿で亡くなっていました。
静かで穏やかな表情でしたので
苦しんではなかったと思います。
忍が新たなご家族に
迎えていただくことは叶いませんでしたが
しっぽで過ごした思い出を胸に旅立ったと
皆さまと共に忍の冥福を祈りたいと思います。



9月




DOS15096
仮 名:セナ
引上場所:滝川保健所
種類・特徴:コーギー
性 別:オス 体重:kg
年齢:2015/8月時点で6歳
毛色・毛種:茶・白
去勢済/フィラリア(-)/マイクロチップ
6種ワクチン


2015年8月保護
2015年9月26日死亡

セナは飼い主に放棄され
滝川保健所に収容されていましたが
容体が急変し8月22日に急遽当会で保護。
掛かり付けの病院に行き
そのまま入院、その後も入退院を繰り返しました。
保健所に収容されていた時から
癲癇のような症状がみられ、
右後足の麻痺もあり、レントゲンでは
ヘルニアと思われる箇所も確認されました。
その後、当会でお灸でのケアを続け
歩行出来たこともありました。
亡くなる2週間ほど前にも発作・痙攣が起き、
呼吸が荒く舌もずっと出た状態になったため
入院しましたが、症状の原因は
脳からきていると考えられるので
長くは生きられないと宣告されました。
9月26日朝、介助しご飯を食べさせ
いつもと変わらない様子でしたが
昼前にサークルの柵を咬んだ状態で
反応がありませんでした。
体調も良くない中
家庭で生活していた状況から一転し
独りぼっちになり 保健所に収容され、当会に来て
環境の変化もセナにとっては体力的にも精神的にも
辛く、厳しいものだったと思います。
寂しい想いや、思うようにならない体調も
今はすっきり楽になり
天国でゆっくり休んで欲しいです。
みなさまとセナの冥福をお祈りしたいと思います。




DOS12027
仮 名:チャコ
引上場所:札幌市動物管理センター
種類・特徴:シーズー系ミックス
性 別:オス 体重:Kg 
年齢:2012/4月時点で14歳
毛色・毛種:白薄灰/長毛
6種ワクチン/去勢済/マイクロチップ



2012年4月保護
2015年9月20日死亡 享年推定17歳

2012年4月、札幌市動物管理センターに
14歳の高齢で放棄されたチャコは
当会で引き取り後
重度の会陰ヘルニアで2度に亘る手術をし
また耳にも腫瘍があったため
腫瘍摘出の大手術もしました。
完治することはありませんでしたが
心臓、腎臓が悪いながらも、一昨年12月からは
預かりスタッフ宅で
穏やかな毎日を過ごしていました。

亡くなる2か月くらい前からは
痴呆のような症状が出て、
最後は全く食べなくなりました。
流動食を飲ませ、点滴をしていましたが
体の限界がきてしまったようです。
預かりスタッフ宅で
1年9か月の穏やかな日々を過ごしたチャコ。
病気があるのに頑張って長生きしてくれました。

チャコをご支援、応援くださっていた皆さま
これまで本当にありがとうございました。
皆さまとご一緒に
チャコの冥福をお祈りしたいと思います。





COS10067
仮 名:チョロマツ
引上場所:しっぽハウスより委託
種類・特徴:ヨモギ白
性 別:オス
年 齢:2010/10月時点で推定1歳
猫エイズ(+)猫白血病(+)
3種ワクチン/去勢済



2010年10月保護
2015年9月20日死亡 享年推定5歳

野良猫だったチョロマツは、事情があって
2010年に当会にやってきました。
人慣れもしていなく、その上
感染症キャリアだったためか
出会いもいまま5年が経ちましたが
会で生活しているうちに他の猫に心を開き始め
人にもとても懐こくなりました。

数ヵ月前から体調を崩すようになり
食欲にも波がでて入院をして治療もしていました。
退院してからは食欲もそこそこあり、
元気な時に比べると
静かに過ごすようになってしまっていましたが
亡くなる前日も、普段通りご飯も食べ
のんびりと過ごしていました。
9月20日、スタッフが
動かなくなっているチョロマツに気付きましたが
もうその時には瞳孔も開き
眠っているかのように亡くなっていました。
もう甘えん坊なチョロマツの姿を
見ることは出来ませんが
天国でゆっくり休んでほしいです。
今までチョロマツを応援してくださった皆さま
ありがとうございましたm(__)m
皆さまとご一緒に
チョロマツの冥福をお祈りしたいと思います。





DOK15104 仮 名:ケミテラ 8/30生まれ
DOK15107 仮 名:ケイト  8/31生まれ
DOK15114 仮 名:ケイザー 9/5生まれ
DOK15115 仮 名:ケイズー 9/5生まれ
DOK15117 仮 名:ケイゾー 9/5生まれ
DOK15120 仮 名:ケンネラ 9/7生まれ
DOK15121 仮 名:ケンネリ 9/7生まれ

引上場所:石狩保健所から保護した母犬が出産
種類・特徴:シーズー 性別:全てオス
毛色・毛種:白茶


石狩保健所から引き取りした多頭飼育のシーズー
妊婦犬5頭が引き取り後、次々と出産し
総勢17頭生まれたうち
残念ながら7頭が天国へと召されてしまいました。

命がけで何度も出産したお母さん犬たち。
出産を何度も経験してきたと思われますが
子犬は羊水膜に包まれたまま放置、
人の手で膜を破り
へその緒を処理して助かった子もいました。
また、逆子で出産時間がかかり過ぎ
助からない子も多くいました。

ギリギリ助かった子、間に合わなかった子
色々考えると救えたのかもしれないと
結果論でしかありませんが、そう思いながら
小さな小さな子供達を火葬して来ました。
この世に生まれてきたのに、無念にも
息をすることも無く亡くなった小さな命たち。
どうか安らかに・・・
お母さん犬と残った子犬たちには
亡くなったこの子たちの分まで
幸せになって欲しいです。
心より冥福をお祈りしたいと思います



8月




DMK15097 仮名:キラ
引上場所:石狩保健所から保護した母犬が出産
種類・特徴:シーズー 性別:メス
年齢:8/23生まれ
毛色・毛種:白茶

2015年8月母犬保護
2015年8月23日死亡


8月23日、キラが虹の橋へ旅立ちました。
キラは8月上旬に石狩保健所から引き取りした
花蘭の子どもです。
花蘭は保護時、すでに妊娠した状態で
当会で引き取りをし
8月23日の朝方にキラを出産しましたが
残念ながらキラは呼吸をすることなく
亡くなってしまいました。
保護前は過酷な環境の中
大きくなったお腹の中の赤ちゃんを守り続け
花蘭にとっては
やっとの思いで出産した我が子でしたが
元気に育つ姿は見られなくなってしまい
とても残念です。
母犬の花蘭には
キラの分まで幸せになってほしいです。
皆さまとご一緒に
キラの冥福を祈りたいと思います。




DMS14033
仮 名 姫奈(ひな)
引上場所:渡島保健所
種類・特徴: 柴犬
性 別:メス 体重:7.5kg
年齢:2014/3月時点で推定10歳
毛色・毛種:茶/短毛
6種ワクチン/避妊済/マイクロチップ
健康診断/畜犬登録済

2014年3月保護
2015年8月6日死亡 享年推定12歳

2013年12月に七飯町の畑の中に居たところを
保護されていた姫奈。
飼い主からの問い合わせがなく
翌年の2月に渡島保健所に引き渡されましたが
収容期限を迎えてしまい
当会で引き取りしました。
昨秋より体調を崩し、心臓が悪いことが分かり
薬を服用していましたが、
心臓の働きが弱くなってきていて
余命1か月の宣告を受けていました。
預かりボランティアさんがそんな姫奈を心配され、
昨年11月から自宅でお世話してくださいました。
3か月程前から足が弱くなって起立できなくなり、
助けて欲しくて昼夜構わず
大きな声で呼ぶようになりました。
亡くなる前夜は、大好きな手作り食を食べて
いつも通りでしたが、
6日の朝、息を引き取っていました。
1年と7か月、様々な環境の変化がありましたが
姫奈はたくましく生きてくれました。
余命1か月宣告からここまで長生きできたのは、
預かりボランティアさんのお世話と
愛情のお陰だったことは言うまでもありません。
皆さまとご一緒に
姫奈の冥福を心より祈りたいと思います。
これまで、姫奈を応援してくださっていた皆さま
本当にありがとうございました。



7月




CMK15033
仮 名:シュシュ
引上場所:滝川保健所
種類:キジトラ
性 別:メス
年齢:2015/7月時点で推定1.5か月

2015年7月保護
2015年7月16日死亡 享年推定生後1.5か月


滝川保健所から収容限界の緊急のSOSが入り
他の保健所からの引取りが予定されていたため、
何とか一時的にせよ危機を脱するよう、
一番容態が心配されていたミックス犬2頭と
放棄された子猫5頭のうち、
猫風邪の酷い子猫3頭を引き取りました。
うち1頭のシュシュが保健所収容時は
仰向けになり死にかけていたそうですが
少しだけ回復したとの事でした。
カイロで暖めながら病院に向かいましたが、
かなり痩せていて栄養失調状態
両目も塞がって酷く
体温は35.5度で低体温でした。
生きられるかかなり厳しい状態で
入院し治療をすることになりましたが、
残念ながらその日、病院で息を引き取りました。
飼い猫だったにも関わらず信じられない姿でした。
何のために生まれて来たのか・・・
紙のように薄くて軽いこの子を見て、
天国では健康で
元気な子猫であって欲しいと思いました。
皆さまとご一緒に
シュシュの冥福を祈りたいと思います。




DMS13083
仮 名:キャンディ
引上場所:しっぽハウス
種類・特徴:ミックス
性 別:メス 体重:8.4㎏
年齢:2013/12月時点で10歳
毛色・毛種:白茶/並毛
6種ワクチン/マイクロチップ

2013年12月保護
2015年7月9日死亡 享年推定11歳

道路の真ん中で交通事故に遭い、
動けなくなっているところを保護主さまに
保護され当会にやってきたキャンディ。
ダニも付着していたので
飼い主に放棄されたか迷子になったかで
長い間、彷徨っていたのかもしれません。
当会では難しい手術も乗り越え
車椅子やハーネスでお散歩を楽しみ
ボランティアさんや来客のみなさま
多くの方に可愛がられ、愛されました。

数カ月前から少しずつ身体に異変が表れ始め
ここ数週間ほど前からは
自力での食事が出来なくなり
流動食を注射器で強制給餌していました。
7月9日、朝食を食べ終わり
ほんの少し目を離した間にキャンディは
一点を見つめ口を開けた状態でいました。
辛うじて心臓は動いていたのですが
数分も保たずに力尽き
みんなに見守られながら旅立っていきました。
キャンディが当会に来てから約1年半。
長いようで あっという間の時間でした・・。
皆さまと、キャンディの
冥福をお祈りしたいと思います。





DMK15053 仮名:潤(うるう)
DOK15054 仮名:潤希(うるき)
DOK15055 仮名:生己(うぶき)
DOK15056 仮名:羽之(うゆき)
引上場所:石狩保健所から保護した母犬が出産
種類・特徴:シーズー
年齢:潤・潤希7/1生まれ 生己・羽之7/8生まれ
毛色・毛種:白茶

2015年6月母犬保護
2015年7月3日潤・潤希死亡
2015年7月8日生己・羽之死亡


石狩保健所から保護したメスのシーズー
泉と祈は保護時、すでに妊娠しており
7月1日に泉が3頭の子どもを出産しました。
母犬の泉は出産後臍の尾を切ることさえも出来ず
1匹は羊膜に包まれたまま産まれてきましたが、
逆子で難産だったため
泉は舐めることもできなかったようです。
唯一助かった子も一時は危険な状態で、
マッサージをし、温め
なんとか一命を取り留めることができました。

祈は7月8日の朝、スタッフが出勤した時には
すでに2頭出産していましたが、
2頭共すでに亡くなっていました・・・
小さなシーズーにとって出産は命がけです。
せっかく多頭飼育から助け出された
これからの命でしたが
泉と生き残った泉の子、
祈には亡くなってしまった子犬の分まで
幸せになって欲しいと思います。
皆さまとご一緒に
子犬たちの冥福を祈りたいと思います。


6月




DMS15016
仮 名:杏
引上場所:石狩保健所
種類・特徴:柴犬
性 別:メス 体重:9.1㎏
年齢:2015/3月時点で推定17歳
毛色・毛種:茶/並毛
6種ワクチン/健康診断/フィラリア検査(-)
避妊済/マイクロチップ

2015年3月保護
2015年6月26日死亡 享年推定17歳


杏は今年の3月に高齢の飼い主が入院することになり
17歳と高齢になってから
石狩保健所に放棄された柴犬の女の子でした。
保健所に収容された時から頭が左に斜頸しており
病院の診察では「 中枢神経系の障害 」が
原因だろうとのことでしたが
自力での歩行や食事ができるようになり
お散歩や日向ぼっこを楽しんでいました。

6月に入ってから食後に嘔吐をするようになり
体調を崩したため、
血液検査をしたところ腎臓と膵臓の数値が悪く
貧血も起こしていたため
入院することになりました。
一時は強制給仕で食事をしていましたが
ごくごくと流動食を飲み込み
食欲も湧いてきたかと思われましたが
亡くなる前の数日間は食べた分だけ吐いてしまい、
身体が食事を受け付けなくなってしまいました。
それでも最期まで頑張って食べて
必死に生きようとしていた杏でしたが、
6月26日、虹の橋へと旅立ちました・・・
皆さまとご一緒に杏の冥福を祈りたいと思います。

5月




COK08065
仮名:ピッチ
引上場所:しっぽハウスより委託
種類:茶トラ
性別:オス
年齢:2008/8月時点で推定1歳
猫エイズ(-)/猫白血病(-)/5種混合ワクチン

2008年8月保護
2015年5月25日死亡 享年推定7歳

生後間もなく公園に棄てられていたピッチ。
脊椎を損傷しているために
下半身を動かすことができず、
排尿が出来ないため保護後すぐに
お腹に排尿用の穴を開ける大手術をし、
その排尿用の穴も時間が経過すると
塞がってくるため
何度か穴を拡げる手術をし
困難を乗り越えてきたピッチでした。
25日、排便しづらさそうだったので
病院に預けて処置していただきましたが、
お迎えの際には呼吸が荒く苦しそうで
その後自宅で静かに息を引き取りました・・・

ハンデを持ちながらも
奇跡的に推定8歳近くまで生き抜きました。
これだけ長生きできたのは、
献身的にお世話をしてくださった
預かりボランティアさんのお陰でした。
本当にありがとうございました。
皆さまとご一緒に
ピッチの冥福をお祈りしたいと思います。





DMS15014
仮 名:小梅
引上場所:旭川市動物愛護センターあにまある
種類・特徴:柴犬
性 別:メス 体重:11.45㎏
年齢:2015/2月時点で14歳
毛色・毛種:茶/短毛
5種ワクチン/健康診断/フィラリア検査(-)
避妊済/マイクロチップ

2015年2月保護
2015年5月19日死亡 享年14歳

昨年10月8日に飼い主の事情で
旭川あにまあるに放棄された小梅。
その後も出会いがなく収容期間も長くなり
当会で引き取りしました。
和犬気質の気難しい所も少しありますが
落ち着いた良い子でした。
引き取り当初から食餌にムラがあり、
その後、首にしこりができ検査したところ、
リンパ腫の可能性が高いとのことでした。
しこりの数も増えていき
食欲も落ちていきましたが、
ペーストにした缶詰は
シリンジで食べてくれましたが
食べても日々痩せていきました。
亡くなる日の夕方
いつも通りシリンジでごはんも食べ、
テラスでゆっくり歩き
気持ち良さそうな表情で眠っているようでした。
その後、部屋に戻ったあと、突然呼吸が荒くなり、
徐々に呼吸がゆっくりになり
亡くなってしまいました。
ほんの数分の出来事でしたが
苦しんだ感じではない最期でした。

皆さまとご一緒に
小梅の冥福を祈りたいと思います。




DMS08006
仮 名:クロ
引上場所:札幌動物管理センター
種 類:柴ミックス
性 別:メス 体重:11.4kg
年 齢:2005/12月で推定7歳
毛色・毛種:黒・並毛
6種混合ワクチン/避妊済

2005年12月保護
2015年5月07日死亡 享年推定16~17歳


2005年札幌市動物管理センターから引き取りした
柴系のメスで、当会の一番の古株だったクロ。
当会で8年、預かりスタッフのお宅で
2年4ヵ月を過ごしましたが、
推定年齢16,17歳の高齢犬でした。
最後の3ヵ月は寝たきりになり、
亡くなる18日前からは
何も食べれなくなってしまいました。
2011年10月に脳梗塞になり頭が斜頸して
歩行もふらついたこともありましたが、
好きなお散歩を楽しんで
のんびり余生を過ごしていました。

クロに新たな飼い主さんとの
出会いはありませんでしたが、
預かりスタッフ宅で
充実した日々を過ごせたと思います。
皆さまとご一緒に
クロの冥福を祈りたいと思います。




COS15017
仮 名:ヒロ
引上場所:石狩振興局
種類・特徴:ミックス
性 別:未去勢オス 体重:Kg 
年齢:6~7歳
毛色・毛種:キジトラ

2015年5月1日保護
2015年5月4日死亡 享年推定6~7歳

5月4日早朝
ヒロが入院先の動物病院で天国へと召されました。
4月28日、恵庭で交通事故に遭い
北広島市内の動物病院に入院していましたが、
大型連休で、保健所も動物病院も休日に入るため、
石狩振興局から当会に引き取りの依頼が入り
当会のかかりつけの病院に転院していました。
右大腿骨が完全に骨折
骨盤も骨折していましたが、
腎不全になっていることも分かり
脱水症状が続いて体温も下がっていました。

入院中、危篤状態が続いていましたが
亡くなる前日の3日の夜は、
上体を起こしたり鳴くようになったそうですが、
翌朝は、吐いて垂れ流し
体温も戻らないままでした。
皆も命を繋げようと思いをひとつにしていましたが
とても残念です。

皆さまとご一緒に
ヒロの冥福を祈りたいと思います。



4月




CK15008
仮 名:ちぃ
引上場所:引取り預かりの母猫が当会で出産
種類・特徴:ミックス
性 別:不明 体重:Kg 
年齢:2015年3月21日生まれ
毛色・毛種:白

2015年3月21日生まれ
2015年3月31日死亡 享年生後10日齢

1月に当会にやってきた野良猫のチャミは
既に妊娠しており、3月に6匹の子猫を産みました。
チャミは出産経験があるのか
落ち着いた様子で子育てをしていましたが
子猫たちは母乳の飲みも悪く未熟児でした。

3月31日
ちぃちゃんが弱ってミルクを受け付けなくなり、
体温も下がってきたため
病院で皮下点滴とステロイド注射をしました。

病院では、かなりの未熟児のため
体力が持たないかもしれないとの診断で、
その日の晩に虹の橋へ旅立ちました・・・

せっかく生まれた命でしたが
幸せにしてあげられず、本当に残念です。
皆さまとご一緒に、ちぃちゃんの冥福を
お祈りしたいと思います。





CK15009
仮 名:やぁ
引上場所:引取り預かりの母猫が当会で出産
種類・特徴:ミックス
性 別:不明 体重:Kg 
年齢:2015年3月21日生まれ
毛色・毛種:キジ白

2015年3月21日生まれ
2015年4月01日死亡 享年生後11日齢

1月に当会にやってきた野良猫のチャミは
既に妊娠しており、3月に6匹の子猫を産みました。
チャミは出産経験があるのか
落ち着いた様子で子育てをしていましたが
子猫たちは母乳の飲みも悪く未熟児でした。

4月1日
やぁちゃんの鼻風邪がひどくミルクの飲みも悪く、
みぃちゃんも呼吸が変で弱ってきているようなので
診察しました。
みぃちゃんは聴診で肺の音が悪く
肺炎になっているかもしれないとのこと・・・

そして鼻風邪が酷かったやぁちゃんが
ミルクを飲むことが出来ず、
ちぃちゃんの後を追うようにして
亡くなってしまいました。

せっかく生まれた命でしたが
幸せにしてあげられず、本当に残念です。
皆さまとご一緒に、やぁちゃんの冥福を
お祈りしたいと思います。




CK15010
仮 名:みぃ
引上場所:引取り預かりの母猫が当会で出産
種類・特徴:ミックス
性 別:不明 体重:Kg 
年齢:2015年3月21日生まれ
毛色・毛種:黒白

2015年3月21日生まれ
2015年4月04日死亡 享年生後14日齢


1月に当会にやってきた野良猫のチャミは
既に妊娠しており、3月に6匹の子猫を産みました。
チャミは出産経験があるのか
落ち着いた様子で子育てをしていましたが
子猫たちは母乳の飲みも悪く未熟児でした。

残る4匹のうち、みぃちゃんとりぃちゃんも
猫風邪に罹っていましたが、
哺乳瓶でミルクが飲めるまで回復しました。
しかし鼻風邪の酷いみぃちゃんは
あまりミルクを飲まなくなり、
りぃちゃんも呼吸が変で弱ってきているようなため
2匹の診察をしました。
聴診で肺の音が悪く
肺炎になっているかもしれないとのこと、
体力がないため育つのは難しいとのことでした・・
そして4月4日
みぃちゃんが虹の橋へと旅立ってしまいました・・・

せっかく生まれた命でしたが
幸せにしてあげられず、本当に残念です。
皆さまとご一緒に、みぃちゃんの冥福を
お祈りしたいと思います。




CK15011
仮 名:りぃ
引上場所:引取り預かりの母猫が当会で出産
種類・特徴:ミックス
性 別:不明 体重:Kg 
年齢:2015年3月21日生まれ
毛色・毛種:白キジ

2015年3月21日生まれ
2015年4月11日死亡 享年生後21日齢


1月に当会にやってきた野良猫のチャミは
既に妊娠しており、3月に6匹の子猫を産みました。
チャミは出産経験があるのか
落ち着いた様子で子育てをしていましたが
子猫たちは母乳の飲みも悪く未熟児でした。

3匹の子猫達が次々と力尽き
スタッフも日中の勤務に加え
夜は交代で自宅に連れ帰って、明日へ命を繋ぎたい
必死な思いで子猫のお世話をしていましたので
無念で力を落としていました・・・

そして4月11日、残った3匹のうち
りぃちゃんが持ちこたえられず
虹の橋へ旅立ってしまいました・・

せっかく生まれた命でしたが
幸せにしてあげられず、本当に残念です。
皆さまとご一緒に、りぃちゃんの冥福を
お祈りしたいと思います。


3月




DMS15033
仮 名:光希(みつき)
引上場所:江別保健所
種類・特徴:ミックス
性 別:メス 体重:Kg 
年齢:2015/4月時点で推定2歳
毛色・毛種:黒茶/長毛

2015年3月保護
2015年3月30日死亡 享年推定2歳

3月30日、会社の敷地で多頭飼育され
江別保健所に放棄された光希(みつき)が
当日、当会で亡くなりました。
江別保健所での保護時
犬たちには睡眠薬が投与されていました。
当会到着後、一緒に引き取りした
元気と勇気は眠りから覚めてくれましたが、
小さな身体の光希は覚醒することなく、
そのまま天国へと召されてしまいました。
元気にしっぽを卒業するという
願いが叶わず悲しいです・・・
まだまだ生きることが出来た若い命。
人間の身勝手で
生きることを許されなかった命・・・
幸せにしてあげれなくて本当にごめんね・・・
皆さまにも光希の冥福を
一緒に祈っていただけたら幸いです。





CMS13030
仮 名:鈴
引上場所:しっぽハウスより委託
種類・特徴:サビ 
性 別:メス 
推定年齢:2013/8月時点で推定6歳
猫エイズ(-)猫白血病(-)
4種ワクチン/避妊済/マイクロチップ/健康診断

2013年8月保護
2015年3月18日死亡 享年推定7歳

鈴は家庭の事情により当会にやって来ました。
体重が8kgという横綱級の女の子でした。
身体が大きいためか活発に動くことはなく
寝ていることが多かった鈴ですが、
今年2月の体重測定中に、左わき腹に
小さなシコリがあるのに気が付きました。
すぐに病院へ行き診察してもらったところ
乳腺腫瘍だという事がわかり、
肺への転移もあるようでした。
猫の場合、
ほとんどが悪性腫瘍の可能性が高いそうで
また、鈴は年齢も7歳と若かったため進行も早く
3月に入ってからは
一気に食欲も落ちてしまいました。

「鈴の最期を看取ってあげたい」と鈴の預かりを
引き受けてくださったボランティアさんが
迎えにきてくださいましたが
残念ながら お家に帰る途中で
力尽きてしまいました・・。
これまで、鈴を応援・ご支援くださった皆様に
心より感謝申し上げます。
皆様とご一緒に鈴の冥福を祈りたいと思います。



2月



DOS14025
仮 名 リッキー
引上場所:しっぽハウスより委託
種類・特徴: 柴
性 別:オス 
年齢:2014/2月時点で14歳
毛色・毛種:茶/短毛
6種ワクチン/去勢済/マイクロチップ
健康診断/畜犬登録済

2014年2月保護
2015年2月27日死亡 享年推定15歳

リッキーは飼い主に放棄された
推定15歳の柴犬のオスで
1年前に当会で引き取り
静かな日々を過ごしていましたが、
昨年末頃から下痢が続き、食欲も元気もなく
自力で起き上がれなくなってきました。
服薬し治療を続けていましたが、
2月に入り、食事中に身体が震えたり、
下顎が痙攣したりで、
皮膚の状態も良くなかったので、
診察していただきました。
痙攣は高齢犬にある老齢性のものでしたが、
2月の中頃にはほとんど食べなくなり、
亡くなる前日は全く食べなくなってしまいました。
亡くなる直前、シリンジから水を飲み
ご飯を口に運ぶと少し食べ始めました。
しかし、その後、スタッフみんなが見守る中
リッキーは身体を持ち上げ、二度頭を振り
そのまま亡くなってしまいました。
今頃天国で若い頃のように走って食べて
元気に過ごしていることでしょう・・・
これまで、リッキーを応援・ご支援くださった
皆様に心より感謝申し上げます。
皆様とご一緒に
リッキーの冥福を祈りたいと思います。






DMS12107
仮 名:モア
引上場所:滝川保健所
種類・特徴:ミックス
性 別:メス 体重:10Kg 
年齢:2012/12月時点で8歳
毛色・毛種:白薄茶/長毛
6種ワクチン/避妊済/マイクロチップ
畜犬登録済/健康診断


2012年12月保護
2015年2月14日死亡 享年推定10歳

モアは滝川保健所に放棄され、2012年12月
引き取りしたテリア系のミックス犬で、
当時は歩けないほど太り、全身毛玉だらけで
爪も変形するほど伸びていました。
当会でダイエットを始め
その甲斐あって適正体重になり、
お散歩も楽しめるようになりました。
昨年末、食欲、元気が無く咳もしていたので診察、
血液検査で、すい臓が悪いので消化酵素の薬が出て
皮下点滴もしました。
1ヵ月後の1月、血混じりの黄色い液を吐き
元気・食欲がないので再び診察治療。
その後の血液検査で、すい臓の数値が
通常の10倍高いため入院しましたが
改善の兆しもみられないため退院、
1月29日から預かりスタッフ宅で
最期の時を過ごしていました。
当会で2年1ヵ月
幸せな出会いを待っていたモアでしたが、
最期は預かりスタッフに家族のように看取って貰い
天国へと召されました・・・
皆様とモアの冥福をご一緒に
お祈りしたいと思います。
これまで、モアを応援・ご支援くださった皆様に
心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。



1月



DOS12049
仮 名:ジョイ
引上場所:石狩保健所
種類・特徴:ミックス犬
性 別:オス 体重:13.6Kg 
年齢:2012/7月時点で推定12歳
毛色・毛種:黒茶/並毛
6種ワクチン/去勢済/マイクロチップ/畜犬登録済


2012年7月保護
2015年1月31日死亡 享年推定14歳

ジョイは2012年7月
石狩保健所に迷子で収容されていましたが
飼い主のお迎えも新しい出会いも無く
当会で引き取りしました。
小ぶりながらも元気いっぱいの
天然風の明るい性格でした。
2014年4月から預かりスタッフ宅で
余生を過ごしていましたが、
寝たきりの状態でした。
病院で健康診断をしましたが、
特に悪いところもなく、
亡くなる2週間くらい前までは
ごはんも残さず食べていましたが、
突然ごはんを食べれなくなって、
流動食を与えていましたが、
最後は水を少ししか飲めなくなってしまいました。
寝たきりになってから、約8ヵ月・・・
最期は老衰で天寿を全うし
静かに天国へと召されました。
これまでジョイをご支援応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました。
皆様とジョイの冥福をお祈りしたいと思います。






DOS15002
仮 名:空斗(ソラト)
引上場所:網走保健所
種類・特徴:ミックス
性 別:オス 体重:11.2kg
年齢:2015/1月時点で推定9~11歳
毛色・毛種:白/並毛
6種ワクチン/健康診断/フィラリア検査(-)


2015年1月14日保護
2015年1月27日死亡 享年推定9~11歳

空斗は、網走保健所から7匹の仲間と一緒に
1月14日に引き取りしたばかりでした。
引き取り直後の健康診断で、
右前肢に骨肉腫の疑いがあるとのことで
亡くなる前日の26日に、
骨肉腫の状態を確認するため
再度レントゲンを撮りましたが、
わずか2週間できれいだった肺に
複数の転移がみつかりました・・・
あっという間に病状が悪化し、
かなり進行が早かったようでした・・・
右前肢が曲がって不自由にしていましたが、
元気にニコニコ、外に行きたいと
いつもアピールしてました。
亡くなる前日、歩けなくなった空斗を
抱っこして外に出た時、
冷たい風を浴びて気持ちよさそうにしてました。
空斗はこれからたくさん外で遊んだり、
お散歩したかったと思います。
引き取りして2週間・・・
もっとたくさん空斗と遊びたかったです。
これまで空斗を応援してくださっていた皆様、
本当にありがとうございました。
皆様とご一緒に
空斗の冥福をお祈りしたいと思います。





DOS13047
仮 名:マップ
引上場所:函館保健所
種類・特徴:ボーダーコリー風ミックス
性 別:オス 体重:㎏
年齢:2013/9月時点で推定8歳
毛色・毛種:白黒/長毛
6種ワクチン/去勢済/マイクロチップ
健康診断/畜犬登録済


2013年9月保護
2015年1月26日死亡 享年推定8歳

マップは信頼していた家族に捨てられ、
放棄犬のためHPには掲載されず、
函館保健所に収容されていました。
その後の2013年9月に当会で引き取りをし
元気いっぱいに会で生活をしていました。
ですが、1月26日のお昼頃
いつも通り運動場に出たところ
少し息遣いが荒く、運動量も少ない様子で
部屋に戻っても呼吸が正常に戻らなかったため
緊急で病院へ行きました。
レントゲンを撮る際に横にすることも
危険とのことでそのまま入院となりました。
ですが、残念ながら元気な姿に戻ることなく
病院で息を引き取りました。
亡くなった後にレントゲンを撮ったところ
肺に腫瘍が見つかり
大きくなった腫瘍が気管を押しつぶし
呼吸困難になってしまったことが
原因だろうとの事でした。
亡くなる日の朝ご飯も
いつもと変わらず完食していたため
突然の出来事に驚きと悲しみでいっぱいです。。
新しい家族ができる前に旅立ってしまったこと
本当に残念でなりません。
皆さまとご一緒に
マップの冥福をお祈りしたいと思います。







DOS14024
仮 名 チビ
引上場所:しっぽハウスより委託
種類・特徴: シーズー
性 別:オス 体重:7㎏
年齢:2014/2月時点で14歳
毛色・毛種:白茶/長毛
6種ワクチン/去勢済/マイクロチップ
健康診断/畜犬登録済


2014年2月保護
2015年1月12日死亡 享年14歳


チビは2014年2月に家庭の事情により
当会で新しい家族を探すことになりました。
14歳と高齢なこともあり会に来た当時から
両目とも白内障になっており、
心雑音・心肥大が酷く
心臓の状態が悪いため薬を飲むことになりました。
体調にも波があるチビでしたが、
それでも昨年の夏ごろは食欲も元気もあり、
可愛らしい姿・笑顔を見せてくれていました。
あまり積極的な性格ではなく、穏やかな子でしたが
人が大好きで、とっても甘えん坊さん。
14年間、人と一緒に暮らしてきたチビですから
甘えたいときに甘えられず、
人恋しかったことでしょう。
しかし昨年の11月頃から、
チビは体調を崩すことが増え
検査の結果、肝臓の数値が高く
炎症反応と貧血が確認されたため
入院をして数日間、
点滴の治療をしてもらいましたが
回復する見込みが無く退院となりました。
最後の望みをかけ自宅で看病を・・と
預かりスタッフが連れて帰りましたが
翌朝の1月12日、預かりスタッフのお家で
静かに息を引き取りました。
皆さまとご一緒に
チビの冥福をお祈りしたいと思います。






TOPへ戻る