メモリアル

  




2010年にしっぽの会で亡くなった子たちのメモリアルページです。
この子たちのことは生涯わすれません。

2010年に虹の橋へ旅立った15匹のしっぽある友





CMS10070 仮 名:タンゴール
引上場所:しっぽハウスより委託
種類・特徴:黒 性 別:メス
猫エイズ(-)猫白血病(-)
2010年11月保護
2010年12月21日死亡 享年推定10歳





さまよっていたところを保護されたタンゴールは、
飼い主に捨てられたようでした。
乳腺腫瘍があったので手術しましたが、
脇にも腫瘍があり リンパへの転移も考えられました。
具合の悪いせいか いつも大人しく動きませんでしたが、
亡くなる3~4日前から食欲が落ちてきたので、診察を受けたところ、
ガンが肺に転移した可能性が高いとのことでしたが、
その日のうちに天国に旅立ってしまいました。

一緒に保護したきよみは、残されて寂しそうでした・・・。
幸薄かったタンゴールの冥福を皆様と祈りたいと思います。






CMK10042 仮 名:メイ
引上場所:江別保健所
種類・特徴:雑種/サバトラ 性 別:メス
猫エイズ(+)猫白血病(-)
2010年7月保護

2010年12月11日死亡 享年推定6ヵ月





感染症検査で猫エイズ感染症キャリアと分かったメイ。
免疫を高める注射を何度か打ってもらい、
回復を願っていましたが、
残念ながら願いは叶うことはありませんでした・・・。
落ちついた優しい子でした。
小さな命は大人になることを許されませんでしたが、
今度生まれてくるときは、元気な身体生まれきて欲しいです。

皆様とメイの冥福を祈りたいと思います。






DOS10093 仮 名:キノコ
引上場所:札幌市動物管理センター
種 類:ゴールデンレトリバー 性 別:オス
毛色・毛種:茶/長毛
2010年9月保護
2010年12月1日死亡
 享年推定8歳




キノコの身体全体には水泡のような膿皮症状があって、
ところどころ膿んで大変痛々しい姿でした。
痒みもかなりあるようで、眠ることもままならないキノコでした。
悪化しないように、せめて現状維持が出来たらと、
投薬治療していましたが、痛みがあって辛くても
穏やかで天使のようなキノコでした。
亡くなる2日前から元気がなく、熱があったので受診、
「ガンが肺に転移している可能性があり、もう永くない・・・」
と告げられました。
翌朝、スタッフが声掛けしたら寝たまましっぽ振っていたキノコ。
リードを見せると、スクッと立ち上がり、外で排泄を済ませ、
ケージに戻りました。それからちょっと経ってから、
起こしていた頭を横にしキノコの意識が遠退いていきました。
ついさっきまで歩いていたのに・・・信じられませんでした。
キノコの最期にスタッフが立ち会うことが出来たこと、
苦しまずに静かに天国に旅立てたことがせめてもの慰めです。

************************************

猛暑だった8月、センターに迷子で収容されていたキノコ。
皮膚に出来た数々の腫瘍は、
暑さと湿気がさらに皮膚の状態を悪くしていました。
キノコを見た瞬間、飼い主が捨てたと直感し、
譲渡の可能性もないこの子を病気を理由に、
冷たいガス室で苦しみながら息絶えさせることは出来ない!
大変なのを承知で引き取りしました。
病気だけでも辛いのに、
さらに飼育放棄という虐待の追い打ちをかけた飼い主。
こんなにいい子が、
どうしてこんなに辛い目に合わなければいけないのか・・・。
私たちはたくさんの子に出会い、辛い別れも何度も経験してきました。
キノコの飼い主に対しては、
今まで以上に深い嫌悪と怒りを感じています。
きっとキノコは最期まで、
飼い主が迎えに来てくれるのを待っていたんじゃないか・・・
そんな想いを強くもちました。

<犬の十戒から>
最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」
なんて言わないで欲しいのです。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そしてどうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。


皆様とキノコの冥福を祈りたいと思います。






CMS10076 仮 名:乙女
引上場所:札幌市動物管理センター
種類・特徴:チンチラ?ミックス 性 別:メス
猫エイズ(-)猫白血病(-)
2010年11月保護
2010年11月22日死亡 享年推定10歳





ファニーフェイスで存在感たっぷりの乙女は、
大人しくて穏やかでとてもいい子でした。
異常なくらいガリガリに痩せ、両目は化膿して、
低体温、腹水がたまり黄疸も出ていました。
引き取り時、既に体力も限界だったのか、
センターから引き取りをした翌週に病院で息を引き取りました。
これから健康な身体になって新しい家族が出来たらと
望みを持っていましたが、残念でなりません。

皆様と乙女の冥福をお祈りしたいと思います。






COK10046 仮 名:ギン
引上場所:岩見沢保健所 
種類・特徴:雑種/黒灰 性 別:オス
猫エイズ(+)猫白血病(-)
2010年7月保護
2010年10月22日死亡 享年推定5ヵ月





ギンはキンと兄弟で保健所に収容されていました。
ギンは残念ながら猫エイズ感染症キャリアで、
9月あたりから元気がなく、極度の貧血と黄疸がありました。
入院して治療しましたが、
残念ながら力尽きて天に召されてしまいました。
生を受けてから、たった4ヵ月しか生きれませんでした。
今頃は先に虹の橋を渡ったキンと仲良く遊んでいるでしょうか・・・。

皆様とギンの冥福を祈りたいと思います。






DOS10053 仮 名:ペン
引上場所:千歳保健所
種 類:ゴールデンレトリバー 性 別:オス
毛色・毛種:茶・長毛/
2010年5月保護
2010年10月5日死亡 享年推定10歳





保健所に保護された時のペンは、
口元を針金で縛られ、身体は汚れていました。
虐待を受けていたにもかかわらず、
明るくフレンドリーなペンでしたが、
2010年7月下旬より体調が優れず、
立ち上がるのもやっとの状態でした。
点滴治療で一時は元気になりましたが、心臓が悪く貧血もあり、
発作が起きたら危ないと医師から宣告されていました。
亡くなる数日前から食餌も受け付けなくなり、
最期はスタッフに見守られながら静かに息を引き取りました。
天国にはペンをいじめる人間は誰もいないから、
いつでも笑顔でいられることでしょう。
これまで苦労した分、残された命を謳歌して欲しいと思いましたが、
叶わぬ夢となりました。

皆様とペンの冥福を祈りたいと思います。






DOS10018 仮 名:ジャンプ
引上場所:小樽市保健所
種 類:ビーグルミックス 性 別:オス
毛色・毛種:白茶黒・短毛
2010年3月保護
2010年9月9日死亡 享年14歳




ジャンプは飼い主に放棄され保健所に収容されました。
右睾丸に腫瘍があり、血液検査では極度の貧血と分かりました。
体調が悪くなって半月あまり、
9月9日、ジャンプが虹の橋へと旅立ちました。
童顔の愛くるしい顔で私たちを癒してくれたジャンプ・・・。
ひもじい時期があったのか、
食いしん坊でボラさんのカメラまでかじったジャンプ・・・。
楽しかったこと悲しそうにしていた姿、
いろいろなことが思い出されます。
14歳の大往生でしたが、亡くなってしまい本当に寂しいです。

皆様とジャンプの冥福を祈りたいと思います。






DOS10084 仮 名:ダイ
引上場所:滝川保健所
種 類:アメリカンコッカースパニエル
性 別:オス
毛色・毛種:黒/長毛

2010年8月保護
2012年8月23日死亡 享年推定10歳





保護して間もないダイでしたが、
8月23日早朝、スタッフが亡くなっているのを発見しました。
あんなに元気だったのにと、
突然の出来事で信じられませんでした。
苦しんだ表情から心臓麻痺だったのでしょうか・・・。
夜中から早朝にかけて発作が起きたのでしょう。
声をかけ手当てしてあげることも出来ず、
本当に可哀相で残念でなりませんでした。
明るく勝気なところもあり、甘えん坊な子でした。

皆様とダイの冥福を祈りたいと思います。






COK10045 仮 名:キン
引上場所:岩見沢保健所
種類・特徴:雑種/茶トラ 性 別:オス
猫エイズ(+)猫白血病(-)

2010年7月保護
2010年8月18日死亡 享年推定3ヵ月





キンとギンは兄弟で保健所に収容されていました。
キンは残念ながら猫エイズ感染症キャリアで、
小さな命は成長することを許されず、力尽きてしまいました。
余りに短かかった命の灯・・・
キンは、後から天国にやって来たキンと、
健康な身体を神様から貰い、
追いかけっこをして遊んでいるかもしれません・・・。

皆様とキンの冥福を祈りたいと思います。






CMS10018 仮 名:うし子
引上場所:札幌市動物管理センター
種類・特徴:雑種/キジトラ 性 別:メス
猫エイズ(-)猫白血病(-)
2010年5月保護
2010年6月26日死亡 享年推定14歳





うし子という面白いネーミングは保護された場所が牛舎で、
牛の臭いが染みついていることから付けられました。
センターに収容されていた時から痩せていて、
目もくぼんでいましたが、多飲多尿が続いていました。
また、突然の暑さのせいか、
高齢でもあるので食欲も落ち、病院に連れて行きましたが、
残念ながら病院で息を引き取りました・・・。
これから、幸せになって欲しかったのに・・・残念です。

皆様とうし子の冥福を祈りたいと思います。






DMS10013 仮 名:知(とも)
引上場所:江別保健所
種 類:北海道犬 性 別:メス
毛色・毛種:茶・並毛
2010年2月保護
2010年5月29日死亡 享年推定10歳





迷子で保健所に収容されていた知。
穏やかで子犬が側に行った時もお母さんのように、
優しい花マルのいい子でした。
当会が保健所から引き取りしたメスの高齢犬は、
乳腺腫瘍や子宮蓄膿症になっている割合が非常に高く、
当会では病気のリスクを避けるために、
高齢犬にも避妊手術を施していますが、
知は避妊手術の麻酔から醒めることなく、亡くなってしまいました。
これまで、多くのメス犬に不妊手術を施してきましたが、
麻酔から醒めなかったのは 知だけでした。
残念で、残念でなりません・・・。
穏やかで優しい癒し犬だった知・・・
優しかった知のことは、一生忘れることはないでしょう・・・

皆様と知の冥福を祈りたいと思います。






CMS10016 仮 名:モンコ
引上場所:札幌市動物管理センター
種類・特徴:雑種/キジトラ 性 別:メス
猫エイズ(-)猫白血病(-)
2010年5月保護
2010年5月24日死亡 享年推定10歳




センターでは譲渡の可能性もなく、処分される運命だったモンコ。
レントゲン撮影で、モンコの尻尾は外科的に切断された形跡があり、
尻尾の骨と肛門がくっていているのが分かりました。
そのため、排便が困難で食欲もなくガリガリの状態でした。
どれくらい生きれるか分からない、弱り切ったモンコでしたが、
最期はスタッフの自宅で数日を過ごし、
家庭の温かさを味わい最期を終えました。

皆様とモンコの冥福を祈りたいと思います。





DMK10014 仮 名:みっちゃん
引上場所:由仁保健所
種 類:ミックス犬 性 別:メス
毛色・毛種:茶黒白・並毛
2010年2月保護
2010年3月6日死亡 享年推定2ヵ月




かっちゃん、たっちゃん兄妹の後から保護された、
同じく兄妹のいっちゃんとみっちゃん。
厳寒の中、よくぞ生きていた逞しい兄妹でしたが、
いっちゃん共々、食欲も元気もなかったので受診したところ、
2匹ともパルボに感染していることが分かりました。
いっちゃんは元気に回復したのですが、
1.7キロの小さな身体で、保護時から低体温だったみっちゃんに、
それ以上病気と闘う力は残されていませんでした。
ポメラニアンのような、愛くるしい顔立ちの可愛い子でした。

みっちゃん、助けることが出来ずにごめんね・・・。
幼い命が死が無駄にならないように、
これからも真摯に努力していきたいと心からそう思いました。

皆様とみっちゃんの冥福を祈りたいと思います。






DOS10007 仮 名:ジェロ
引上場所:札幌市動物管理センター
種 類:ミックス犬 性 別:オス
毛色・毛種:白茶黒・短毛
2010年2月保護
2010年2月11日死亡 享年推定3歳



チワワミックスのような顔立ちで、
お茶目で明るく人懐こかったジェロ。
センターから引き取りした時には元気でしたが、
3~4日後から食欲がなくなり注意していましたが、
犬舎でぐったりとうずくまり、あたりは血便で汚れていたので、
ただ事ではないと急いで病院に連れて行きました。
病院ですぐに病理検査をした結果パルボと判明したので、
そのまま入院しましたが、
その日の夕方になって天国に旅立ってしまいました。
いつ、どこで感染したのか・・・残念で可哀想でなりませんでした。

皆様と、ジェロの冥福を祈りたいと思います。

*************************************
パルボは感染すると腸の粘膜がただれて、
嘔吐、下痢、白血球の減少などがみられる感染症です。
発病するとわずか1~2日間で死亡することが多い
恐ろしい病気ですが、
混合ワクチンを接種していれば予防できます。
接種方法は子犬は生後2ヵ月で第1回、
さらに1ヵ月後に第2回を接種して、
以後毎年1回の追加接種を行い免疫力を持続させます。
成犬からの場合も毎年ワクチンを接種します。
感染力も強いので必ず飼い犬に接種しなければなりません。

ジェロもセンターから引き取りしたその足で
病院に行き混合ワクチンを接種しましたが、
ワクチンが定着する前に発病してしまいました。
飼い主がワクチン接種の義務を果たさないばかりに、
譲渡の可能性のある子が新たな幸せを掴む前に、
感染症で命を落としていることが多々あります。

札幌市動物管理センターでは、
2009年秋より子犬が収容された場合、
混合ワクチンを接種するようになりましたが、
成犬は接種されていません。
私たちは接種体力のある全犬に
混合ワクチン接種を望んでいます。

勿論、飼い主に接種義務があることは言うまでもありません。





DOS09091 仮 名:家康
引上場所:由仁保健所
種 類:ミニチュアダックス 性 別:オス

2009年10月保護
2010年1月8日死亡 享年推定6歳



2009年秋、純血種の小型犬が
当会の周辺で多数放棄される事件がありました。
家康も保護した中の一匹でしたが、
必要なくなった繁殖犬が捨てられたと推測されました。
これから家庭の温かさを味あわせてあげたいと思っていた矢先の
原因不明の突然の死でした。
これから幸せになれると思っていたのに、
悲しくて悔しくてなりませんでした。

皆様と、家康の冥福を祈りたいと思います。






TOPへ戻る