足長基金支援対象犬猫



足長基金支援についてはこちらをごらんください

*足長基金対象犬猫2013(H25)年



2013年12月
<嬉しいお知らせ>

北斗市役所から引き取りしたミックス犬の風花と
しっぽハウスから委託のミニチュアダックスのララとクロスケが家族の一員に迎えられました。
視力もない風花は上磯ダムで迷子になっていましたが、おそらく捨てられたのでしょう。
ララは13歳と高齢でクロスケは猫エイズ感染症キャリアでした。
3匹とも良縁に恵まれましたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。
飼い主さま、ありがとうございました。
ララ、風花、クロスケ、おめでとう!いっぱい幸せになってね!!




ララ オス 推定13歳 
しっぽハウスより委託






風花 メス 推定10歳 
北斗市役所





クロスケ オス 3歳
 しっぽハウスより委託 



<悲しいお知らせ>

11月2日、ルイが虹の橋へ旅立ちました。
ルイは肝臓癌になって危ないと言われてから
1ヵ月近くも頑張ってくれました。
亡くなる前日は痙攣を何回も起こして病院も行きましたが、
もう手を尽くせることはないとの診断で、
その直後に預かりボランティアさんのもと天国へと旅立ちました。

11月22日、ミミ太が虹の橋を旅立ちました。
もともと腎臓も悪く、初冬の気温の変化と環境の変化は
高齢なミミ太にとって体調を崩す大きな原因となってしまいました。
貧血・脱水がひどかったため点滴治療していましたが、
最期はスタッフが自宅へ連れて帰り、腕の中で静かに息を引き取りました。
これまで、ルイやミミ太を応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました。
皆様とルイとミミ太の冥福をお祈りしたいと思います。





ルイ オス 推定10歳 
滝川保健所







ミミ太 オス 推定15歳 
しっぽハウスより委託






2013年11月
  


 
富男 オス 推定9歳
  富良野保健所
  

 富良野保健所に収容されていた富男。左目には傷がありますが、視力はあります。健康診断で、心臓肥大で心雑音がひどく、咳の症状が見られ薬を服用しています。健康に気を配り良い状態でご縁が持てますよう足長基金に加えさせていただきます。

   


  
平蔵 オス 14歳 
  石狩保健所
 

 14歳の高齢で飼い主に放棄された平蔵。お散歩を喜び、アイコンタクトも取れ人が大好きです。しっぽをかじる自虐行為が見られ注意が必要です。高齢ですので年齢に配慮して、健康に気を配り良い状態でご縁が持てますよう足長基金に加えさせていただきます。

    


 
ラブ メス 15歳
 しっぽハウスより委託


 家庭の事情により当会にやってた、ハッピーとチャチャのお母さんです。15歳と高齢なため、耳が少し遠いようです。高齢ですので年齢に配慮して、健康に気を健康に気を配り良い状態でご縁が持てますよう、足長基金に加えさせていただきます。


  


チャチャ メス 13歳
 しっぽハウスより委託


  家庭の事情で当会にやってきました。ラブの子どもでハッピーとは兄妹です。13歳と高齢ですが、呼ぶと走って駆けて来る元気な子です。高齢ですので年齢に配慮して、健康に気を配り良い状態でご縁が持てますよう足長基金に加えさせていただきます。

   


  
ハッピー オス 13歳 
 しっぽハウスより委託 


  家庭の事情で当会にやってきました。ラブの子どもでチャチャとは兄妹です。後両肢が少し不自由です。13歳と高齢ですので、年齢に配慮して、健康に気を配り良い状態でご縁が持てますよう、足長基金に加えさせていただきます。

    
    
  


<嬉しいお知らせ♪>

北斗市役所から引き取りしたミックス犬の斗美と
札幌市動物管理センターから引き取りしたビーグルのサトシが家族の一員に迎えられました。
斗美はこれまで人とのコミュニケーションがなかったのか、感情をどこかに忘れたような子でした。
また、サトシは昨年5月、12歳の高齢で飼い主に転居を理由に放棄されました。
2匹とも良縁に恵まれましたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。
飼い主さま、ありがとうございました。
斗美、サトシ、おめでとう!いっぱい幸せになってね!!





斗美 メス 推定10歳 
北斗市役所







サトシ オス 推定13歳 
札幌市動物管理センター




<悲しいお知らせ>

10月25日、カズが虹の橋へ旅立ちました。
亡くなる前日は食欲もあり元気に過ごしていましたが、
25日、朝から呼吸が苦しそうで一進一退を繰り返し、
午後2時頃、皆に見守られて静かに虹の橋へ旅立ちました・・・。
カズは、残念ながら猫白血病で体調が優れず通院していました。
免疫不全で繰り返される口内炎でゴハンが食べられなくなりましたが、
一時は少し肉つきも良くなり、もしかしたら持ち直すのではと淡い期待を抱いていました。
お盆過ぎに余命1週間の宣告を受けたカズ・・・。
あれから2ヵ月、本当にカズは良くがんばりました!
カズは日々大切に生きることを私たちに教えてくれました。
皆様とカズの冥福を心からお祈りしたいと思います。






カズ 享年10歳 江別保健所






2013年10月
<足長新顔さん>

風花は両目とも見えていない高齢のミックス犬です。
トーイは顎の癌と判明しました・・・。
ミミ太は皮膚病の治療中で、15歳の長寿猫です。
3匹とも健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、
足長組に加えさせていただきます。






風花 メス 推定10歳 
北斗市役所






トーイ オス 推定10歳 
しっぽハウスより委託





ミミ太 オス 15歳
 しっぽハウスより委託 



<嬉しいお知らせ♪>

エルムは今年6月滝川保健所から引き取りしたシーズーのメスで、
保護時の体重は3㎏程しかなく、赤平市の山中で保護されましたが、
おそらく悪質な繁殖業者に遺棄されたと思われました。
後肢には大きな脂肪腫、お臍部分にヘルニアなど、様々な障害がありましたが、
以前から気にかけてくださっていたボランティアさんの家族になりました!
彩葉の飼い主様はHPの彩葉 をご覧になり、気に入られ、面会にいらしてくださいました。
彩葉は猫エイズキャリアしたが、猫同士以外は感染しませんし、
1匹で飼っていただくか同じ感染症同士ならお迎えいただけますが、
飼い主様は感染症をご理解くださって、めでたく家族の一員になりました!
飼い主さま、ありがとうございました。
エルム、彩葉、おめでとう!いっぱい幸せになってね!!






エルム オス 推定10歳 
滝川保健所







彩葉(イロハ) メス 推定7歳 
旭川市動物愛護センターあにまある




<悲しいお知らせ>

9月4日、ビバが虹の橋へ旅立ちました・・。
ビバは、一昨年の7月、推定3ヵ月で滝川保健所から引取りした茶トラのオス猫で、
7月、体調が悪く血液検査したところ、白血球が多くなっていて白血病が発症、
それが原因となってリンパ腫になり余命一ヵ月の宣告を受けました。
容体が悪く辛いだろうに、触ると嬉しそうにゴロゴロ喉を鳴らす健気なかわいい子でした。
ずっと精一杯生きていたビバ・・・これまで本当にありがとう!
皆様と心よりビバの冥福を心よりお祈りしたいと思います。






ビバ 享年2歳 滝川保健所





2013年9月
<足長新顔さん>

小福は腹部には肥大した乳腺腫瘍がいくつもありますが、
心雑音が確認されたため手術を見合わせています。
家庭の事情で同じミニチュアダックスのミミとテラと一緒に、
会にやって来た13歳と高齢のララ。
2匹とも健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、
足長組に加えさせていただきます。






小福 メス 推定10歳 しっぽハウスより委託





ララ オス 13歳 しっぽハウスより委託


<嬉しいお知らせ♪>

ライフは同じくアメリカンコッカースパニエルのしっぽ卒業ワンの
リンちゃんのお家に貰われ、もう1匹の先住ワンちゃんとも家族になりました!
ミミちゃんもしっぽの先住ニャンのケイちゃんのお家の子になりました!
アローは、亡くなったしっぽ卒業ワンのリアン(旧雪男)の飼い主さまで、
以前からなかなかしっぽを卒業出来ないアローを
気にかけてくださり
、家族になりました!
テラは、犬を飼うなら「しっぽの会」からと、
保護ワンにご理解ある飼い主さまに貰われました!
ツブは、亡くなったしっぽの卒業ニャンの秋一の飼い主さまで、
高齢で貰われづらい子をと推定14歳のツブを迎え入れてくださいました☆
ご理解ある飼い主さまとの良縁に恵まれた5匹のワンニャンたち・・・
これまでの苦労を忘れ、余生は幸せいっぱいに暮らして欲しいですね!
飼い主さま、ありがとうございました。
みんな、おめでとう!いっぱい幸せになってね!!





ライフ メス 推定10歳 
滝川保健所







ミミ メス 推定13歳 
しっぽハウスより委託





アロー オス 推定12歳
札幌市動物管理センター 





テラ オス 推定13歳 
しっぽハウスより委託







ツブ メス 推定14歳 
しっぽハウスより委託




<悲しいお知らせ>

昨年5月札幌市動物管理センターに放棄されたエルモ。
お尻には大きな腫瘍がありましたが、当時推定14歳と高齢で、
麻酔に耐えられるか不安があったため手術は行いませんでした。
その後、腫瘍が進行、亡くなる2日前には出血したため受診しました。
しかし、翌日も出血が止まらず、病院に着いた時には貧血と脱水で自力歩行も出来なくなりました。
急きょ摘出手術をすることになったエルモですが、
麻酔から目を覚ますことなく残念ながら天国へと旅立ちました。

エルモ・・今まで本当にありがとう!
皆様とエルモの冥福を祈りたいと思います。







エルモ オス 享年推定15歳 札幌市動物管理センター





2013年8月
  


 
ボリ オス 推定9歳
  由仁保健所
  

 2年前、由仁保健所から保護したボリ。明るくフレンドリーなボリですが、心雑音があり薬を服用しています。健康に気を配り良い状態でご縁が持てますよう、足長基金に加えさせていただきます。


   


  
シィ オス 2歳 
  滝川保健所
 

 活発で人懐こいシィですが、最近、再び血液検査をしたところ猫エイズ感染症と判明しました。健康に気を配り良い状態で
ご縁が持てますよう、足長基金に加えさせていただきます。


    


 
彩葉 メス 7歳
 旭川市動物愛護センターあにまある


 保護した彩葉(イロハ)ですが、猫エイズ感染症でした。猫エイズ感染症は、一匹で飼っていただくか、同じキャリア同士なら家族にお迎えいただけます。健康に気を配り良い状態でご縁が持てますよう、足長基金に加えさせていただきます。

  


朱里 メス 5歳
 旭川市動物愛護センターあにまある


  朱里(アカリ)は碧里と姉妹ですが、血液検査の結果は2匹とも猫エイズ感染症でした。猫エイズ感染症は、一匹で飼っていただくか、同じキャリア同士なら家族にお迎えいただけます。健康に気を配り良い状態でご縁が持てますよう、足長基金に加えさせていただきます。


   


  
碧里 メス 5歳 
 旭川市動物愛護センターあにまある 


  碧里(ミドリ)は朱里は姉妹ですが、血液検査の結果は2匹とも猫エイズ感染症でした。猫エイズ感染症は、一匹で飼っていただくか、同じキャリア同士なら家族にお迎えいただけます。健康に気を配り良い状態でご縁が持てますよう、足長基金に加えさせていただきます。


    
      


<悲しいお知らせ>

7月8日朝、寅次郎が亡くなっているのを出勤したスタッフが発見しました。
目を見開き、口も開いたまま泡を吹いていたので、突然の発作だったのか最期は苦しんだような表情でした。
前日の夕方までは普通に過ごしていたのに、あまりに突然だったので信じられない気持ちでいっぱいです。

難病、心臓病、そのうえ目も見えなかったテンボ。
ずっと病気と闘ってきたテンボは我慢強くがんばり屋さんでした。
7月11日、預かりボランティアさんのもとで優しさに包まれ天に召されました。

りゅうは、今年になってから食欲が安定せず、亡くなる2週間くらいまえから自力で立てなくなり、
また食欲はいくらかあったのですが、介助が必要になりました。
病院で診察していただいたところ、内臓がかなり弱っているとのこと、
亡くなる数日前には、全く食べれなくなってしまいました。
7月21日、預かりボランティアさんのもとで優しさに包まれ天に召されました。

皆様と寅次郎・テンボ・りゅうの冥福を祈りたいと思います。

預かりボランティアさん、最期までご尽力くださり本当にありがとうございました。





寅次郎 オス 推定12歳 
しっぽハウスより委託







テンボ メス 推定10歳 
札幌市動物管理センター






りゅう オス 推定16歳 
しっぽハウスより委託







2013年7月
  


斗美 メス 推定10歳
  北斗市役所
  

 今年2月、北斗市内を彷徨っていた斗美は警察に捕獲され北斗市役所に収容されました。飼い主のお迎えはなく、厳しい寒さを乗り越え逞しく生き抜きました。健康診断で心雑音があり心肥大でした。健康に気を配り良い状態でご縁が持てますよう、足長基金に加えさせていただきます



   


   
ジョイ オス 推定13歳 
   石狩保健所
 

 昨夏、石狩保健所に迷子で収容されていたジョイに、飼い主のお迎えはありませんでした。。最近老いが進み、保護時の年齢よりも年上だったようです。なかなかご縁のないジョイですが、健康に気を配り良い状態でご縁が持てますよう、足長基金に加えさせていただきます。


    


エルム メス 推定10歳
 滝川保健所


 赤平市の山中で保護されたエルム。おそらく悪質な繁殖業者の遺棄と思われます。後肢に大きな脂肪腫、臍ヘルニア、心雑音、血液検査で腎臓の数値が悪かったエルム。健康に気を配り良い状態でご縁が持てますよう、足長基金に加えさせていただきます。


<嬉しいお知らせです!♪>

マリが足長基金卒業です!

マリは、推定10歳のシャム系のメスで、
一昨年12月、由仁保健所から保護しました。
高齢でなかなか出会いがなかったマリですが、
当会の保護猫モモと一緒に、ご理解ある方に貰われて行きました☆

幸せになった2匹、たくさん可愛がって貰ってね!
マリ、おめでとう!♪




マリ メス 推定11歳 
由仁保健所






2013年6月
  


 
桜子 メス 推定12歳
  函館保健所
  

 高齢で保健所に収容されていた桜子。痩せて体重が6キロしかありません。
悟りを開いたような穏やかで静かな桜子。
健康に気を配り良い状態で
ご縁が持てますよう、足長基金に
加えさせていただきます。



   


  
コロ オス 13歳 
  しっぽハウスより委託
 

 高齢になって家庭の事情で会に来たコロ。年齢よりも若々しく見えますが、
耳は遠く名前を呼んでも
気づかないこともあります。
健康に気を配り良い状態で
ご縁が持てますよう、足長基金に
加えさせていただきます


    


 
イチゴ メス 3歳
 由仁保健所


 飼い主に保健所に放棄されたイチゴ。
残念ながら猫エイズ感染症キャリアでしたが、一匹で飼っていただくか、同じキャリア同士なら家族にお迎えいただけます。健康に気を配り良い状態で
ご縁が持てますよう、足長基金に
加えさせていただきます。

  


マシュ オス 3歳
 由仁保健所


 飼い主に保健所に放棄されたマッシュ。大きめの体格は存在感たっぷりで、
心が広い大らかな子です。残念ながら猫エイズ感染症キャリアでしたが、一匹で飼っていただくか、同じキャリア同士なら家族にお迎えいただけます。
健康に気を配り良い状態で
ご縁が持てますよう、足長基金に
加えさせていただきます。


   


  
クロスケ オス 3歳 
  しっぽハウスより委託 


 クロスケは飼い主さんが亡くなり、会に来ました。性格は人懐こく穏やかないい子です。年齢も若く元気なクロスケですが、残念ながら猫エイズ感染症キャリアでした。一匹で飼っていただくか、同じキャリア同士なら家族にお迎えいただけます。健康に気を配り良い状態で
ご縁が持てますよう、足長基金に
加えさせていただきます。


    
      


<嬉しいお知らせ>

フェアリーはの飼い主様は、なかなか出会いのないフェアリーを気にかけてくださり、遠方よりお迎えにいらしてくださいました。
ジャンプは、家庭の事情で14歳の高齢で会にやって来ましたが、家族との別離、慣れ親しんだ環境から状況が大きく変り、
食べない飲まない日が数日続き、ふさいで落ち込んでいましたが、スピード卒業しました!
ガクトは高齢で、また癲癇がありなかなか出会いがありませんでしたが、ガクトを気にかけてくださっていたボランティアさんに貰われました。
フェアリー、ジャンプ、ガクト、おめでとう!いっぱい幸せになってね!!






フェアリー メス 推定10歳 
石狩保健所







ジャンプ オス 推定14歳 
しっぽハウスより委託






ガクト オス 推定10歳
札幌市動物管理センター 






2013年5月
<足長新顔さん>

高齢のジャックは、家庭の事情で11歳のミニチュアダックスと一緒に、
札幌市動物管理センターに放棄されました。
人懐こくて寂しがり屋で甘えん坊のジャックですが、
会陰ヘルニア(脱腸)でしたので、去勢手術と一緒に手術しました。
センターでは他の犬が苦手なようでしたので、様子を観察中です☆

ジャンプは家庭の事情で会にやって来ました。
ずっと飼い主を思い可哀想なくらい震えふさぎ込んでいます。
大きく環境が変わることは、14歳の高齢犬にとってどれだけ負担なことでしょうか。
痩せて元気のないジャンプですが、1日も早く元気になりますように。

健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、
足長組に加えさせていただきます。






ジャック オス 12歳 札幌市動物管理センター





ジャンプ オス 14歳 しっぽハウスより委託



<嬉しいお知らせです!♪>

豆とくるよが足長基金卒業です!
昨夏、家庭の事情で会にやって来た豆ですが、
優しい飼い主さまと幸せな出会いがありました!
現在飼い主さまのお宅には保健所から引き取りした高齢の
先住ワンがいらしゃるそうです☆

くるよは、推定7歳のキジトラのメスで、
一昨年6月、由仁保健所から保護、残念ながら猫エイズキャリアでした。
しかし、猫エイズは猫以外は感染しませんし、 一匹で飼っていただいたり、
同じ感染症の猫同士でしたら一緒に暮らすことが出来ます。
ご理解ある飼い主さまに巡り合うことが出来た くるよ☆
飼い主さまは、くるよの優しさにも惹かれたそうですよ★

幸せになった2匹、たくさん可愛がって貰ってね!
豆、くるよ、おめでとう!♪




ソラ メス 推定10歳 
しっぽハウスより委託





くるよ メス 推定7歳 
滝川保健所




<悲しいお知らせ>

4月5日、モンチッチが虹の橋へ旅立ちました。
モンチッチは2011年5月、滝川保健所に放棄された
ウイペットのオスで、保護時には肛門と生殖器横に
大きな腫瘍があり2011年6月に手術、12月には尻尾も切除しました。
その後は、脊髄欠損症となり、トイレ散歩以外の運動は禁止、
痛みで震えていた姿が痛々しく、
何とか笑顔になれるようにとお世話する日々でしたが、
昨年5月預かりボランティアさんが預かりを申し出てくださいました。
その後、余命数ヵ月と宣告されましたが、1年近くもがんばってくれました。
最期は温かいボランティアさんのご家庭で暮らせ幸せでした。
預かりボランティアさん、本当に有難うございました。

皆様と、モンチッチの冥福を祈りたいと思います。




モンチッチ オス 享年推定10歳 滝川保健所





2013年4月
<足長新顔さん>

石狩保健所に飼い主に放棄された高齢のフェアリーには、
卵大の大きな乳腺腫瘍が3個もありました。
ケアもされないうえに、放棄という試練を受けたフェアリー。
性格は控えめで穏やかな優しい子です。
健気で一途なフェアリーが二度と辛い思いをしませんように・・・。
健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、
足長組に加えさせていただきます。





フェアリー メス 12歳 石狩保健所



<嬉しいお知らせです!♪>

ソラ・エイ・定春が足長基金卒業です!
一昨年冬、家庭の事情で会にやって来たソラですが、優しい飼い主さまと幸せな出会いがありました!
エイは一昨年夏、推定2ヵ月の6匹兄妹で、滝川保健所に収容されていました。
会で引き取り後、検査をしたところ、兄妹のうちエイにだけ、猫エイズ感染症キャリアと分かり、
会で暮らしていましたが、この度ご理解ある方との出会いがありました!
定春は、札幌市動物管理センターに迷子で収容されていましたが、
飼い主のお迎えはなく、収容期限も長くなったことから会で引き取りしました。
そして、足長基金会員さまの飼い主さまと運命的な出会いがありました!
幸せになった3匹、たくさん可愛がって貰ってね!
ソラ、エイ、定春、おめでとう!♪



ソラ メス 推定10歳 
しっぽハウスより委託




エイ オス 推定1歳 
滝川保健所




定春 オス 推定10歳
札幌市動物管理センター 





2013年3月
<嬉しいお知らせです!♪>

プラスが足長基金卒業です!
千歳インター付近を彷徨い保護された高齢のプラスに、飼い主のお迎えはありませんでした。
感情をなくし、心に穴が空いたような無感情の子でしたが、少しづつ懐こい仕草も見せだした頃、
プラスを気にかけてくださったご家族と出会いがありました。
これからいっぱい笑顔になれますね!
飼い主様、プラスをよろしくお願いいたします。
プラス、おめでとう!♪

 


プラス メス 推定10歳 千歳保健所
       


<悲しいお知らせ>

2月1日、アサヒが虹の橋へ旅立ちました。
アサヒは2011年6月、石狩保健所に迷子で収容されていましたが、
飼い主の迎えはありませんでした
体調が優れず、2012年7月より、
預かりボランティアさんのお宅で過ごしていましたが、
亡くなる前日からは水も飲まなくなってしまいましたが、
最期はかすれた声ででしたが「ワンワン」と鳴いてから静かに息を引き取りました。
一緒に暮らせた期間は短かったですが、少しづつ痩せて少しづつ老いて、
ありがとうを沢山伝えられたと思います。
と預かりボランティアさんからご報告がありました。
心より感謝申し上げます。


2月22日、ヘレンが虹の橋へ旅立ちました。
昨年夏頃より体調を崩しだし、9月に入院、免疫を上げる治療を行いましたが、
その後は、口内炎を繰り返し食べれなくなって、体重もどんどん落ちていきました。
先一昨日からは、水も飲まなくなり、点滴と痛み止めの注射をしましたが、
ヘレンにはもう病気と闘う力は残っていませんでした・・・。
最期は、痛み止めが効いていたので、苦しまず穏やかな旅立ちのようでした。

皆様と、アサヒとヘレンの冥福を祈りたいと思います。




アサヒ オス 享年推定11~歳 石狩保健所

 



ヘレン オス 享年推定8歳 札幌市動物管理センター





2013年2月
<足長新顔さん>

千歳インター付近を彷徨い保護された高齢のプラス。
とうとう飼い主のお迎えはありませんでした。
感情をなくし、心に穴が空いたような無感情の子です。
これから笑顔になれますように・・・。
ソラは2012年1月、家庭の事情で会にやって来ました。
出会いがないまま高齢になりましたので、
健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、
足長組に加えさせていただきます。





プラス メス 推定10歳 千歳保健所

 



ソラ メス 推定10歳 しっぽハウスより委託




2013年1月
<足長新顔さん>

保健所に迷子で収容されていたルイとライフ。
足元もおぼつかないルイは高齢で捨てられたのでしょうか・・・
また、ライフは繁殖犬が不用になり捨てられたのではと推測されました。
ヤマキは一昨年の冬に保護しましたが、これまで新しい飼い主さんとの出会いはなく、
高齢になりましたので、健康に気を配り、良い状態でご縁が持てますよう、
足長基金に加えさせていただきます。





ルイ メス 10歳 滝川保健所

 


ライフ メス 10歳 滝川保健所



ヤマキ オス 11歳 
しっぽハウスより委託




<嬉しいお知らせです!♪>

ドラが足長基金卒業です!
ドラは今年3月、札幌市動物管理センターに迷子で収容されていました。
ドラの後両肢は壊死していて、足首を切断しなければ壊死が広がり危険な状態でした。
新たな飼い主も見つからないことから処分が決まっていたドラでしたが、
人懐こく平和な性格で、肢のこと以外は何も問題のないドラが哀れで当会で引取りました。
4月上旬に手術をして、会で療養していましたが、
幸せな出会いがあり家族の一員になりました。おめでとう!♪

 


ドラ オス 2歳 札幌市動物管理センター
       




TOPへ戻る