人と動物が幸せに共生する社会を目指して
陽菜を家族として迎え、あっという間に 3 週間が経ちました。毎日「なんて可愛い子がうちにいるんだろう!」と新鮮で幸せな気...
しっぽの会の皆様ご無沙汰しております。悲しいご報告となります。2022年11月に、うちの子になったラブ(ロッテ)が202...
しっぽの会の皆様、こんにちは。報告が遅くなりましたが、ジジを迎えて4か月が経ちました。ジジは相変わらずヤンチャで、毎日自...
先日、5月29日、サルサが亡くなりました。いきなりのこと、僕たちも戸惑い、悲しい気持ちでいっぱいで、どう言葉にしていいの...
モコがきて3ヶ月になりました。だいぶ慣れてきたように思います。病院で血液検査を行ったところ、甲状腺機能低下症と診断があり...

■ゆうちょ銀行
記号 19060  
番号 38911541
名義 トクヒ)ホッカイドウシッポノカイ


■北洋銀行
支店 栗山支店
普通 0382655
名義 トクヒ)ホッカイドウシッポノカイ

■ゆうちょ銀行
郵便振替口座
02770-6-76355
他の金融機関からの振込
支店 二七九(ニナナキュウ)
店番 279
当座 0076355
名義 しっぽの会
各サイトの「選べる使い道」から当会を指定してください
各サイトの「選べる使い道」から当会を指定してください
amazon

ほしい物リスト

しっぽの会 TikTok
(準備中)

音音/ねおんちゃん(旧:ネオン)

2023年7月卒業
音音(ネオン)が我が家に来てから10月23日で丸3ヵ月になりました。今もやはり、何にでもビクビクしながら定位置のリビングの はじっこでジーッとしていますが、私(ママ)が椅子に座ると、この頃はパパが向かいに座っていても、私のそばまで来てくれるようになりましたし おやつも私の手からもらって楽しそうに食べるようになりました。でもその写真を撮ろうとスマホを持った途端、怖がって逃げてしまい、 その後しばらくは警戒してそばに来てくれなくなるので撮影には手こずっております。 ご飯はリビングに私一人だけでいる時か誰もいない時に食べていますが、いつもドアがある後方を気にしていて恐怖心が勝るのか どうしても一気には食べられません。彼女は後ろに人がいるのを とても嫌います。 散歩の時もそうですし、家に帰ってきてリビングに入る時はクルッとパパの方を向いて後ずさりして入って来ます。 パパはとても気を使っていて普段は家の別室で仕事をしているのですが、音音の食事中にリビングに入る事のないようにと、 なんと!ペットカメラを購入してスマホからチェックできるようになりました。そんな健気なパパが一番、音音と仲良くできるのは、 おやすみ前に音音がケージに入った後です。なぜか音音はケージに入るとパパとの触れ合いもOKになるどころか、 やめようものなら片手を上げて「やめないで~」と身体を乗り出してくるそうです。 ただ、私が夜勤の日に音音が初めて座っているパパのそばに来てくれて鼻をツンツンとパパの足につけてきてくれたそうです。 大・大進歩です!また、先日の同窓会では同郷の仲間ワンちゃん達にお会いできて絶対にどこかで血が繋がっていると思える程、 皆の顔立ちも性格もそっくりで、とても嬉しく心強く感じました。同時に皆があんなに揃って怖がっているのを見ると 「皆きっと、よほどのつらい目にあったのだろう」とも感じ、音音のビビリはもっともな事なのだと納得できました。 ですから音音の恐怖心を全て解くにはまだまだ沢山の時間が必要なのだと思います。 でも、いつかきっと「ここは安心だし、毎日楽しい」と思ってもらえる日がくると信じて向き合ってゆきます。
音音ちゃん、新しいお家での生活にゆっくり少しずつ慣れていっているのですね。 血筋そのものが臆病さん家系のようなので、慣れるまでに時間が掛かると思いますが 飼い主さまの愛情にたくさん甘えて、これからは不安・心配なく過ごしてほしいですね☆彡 今後の音音ちゃんの成長、楽しみにしています♬またご報告お待ちしております(*^-^*) ご報告いただきまして、ありがとうございました♥
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会
facebook
Instagram
twitter
YouTube
tiktok準備中
飼い主募集犬
飼い主募集猫
保健所情報
しっぽレポート
譲渡に当たって ボランティア 動物遺棄は虐待 足長基金制度について 足長支援対象犬猫 飼い主募集の募金猫 終生預かり制度 終生預かり対象犬猫 飼い主のいない猫活動レポート メモリアル 不妊手術助成事業 寄付・寄附金控除について オンライン寄付 しっぽオンラインショップ つながる基金 Amazonほしい物リスト 支援物資 募金箱設置店

犬・猫の引き取り及び処分の状況

負傷動物

負傷動物
令和3年度【令和3年4月1日~令和4年3月31日(2021年4月1日~2022年3月31日)】
日本では、2,878頭の犬と17,394の猫(合計20,272頭 負傷動物殺処分含)が行政殺処分されました。
そのうち、犬は570頭、猫は9,272頭(合計9,842頭)が幼齢個体で全体のほぼ半数を占めています。
行政による殺処分を減らしていくには、不妊手術の徹底や終生愛育する等、飼い主の適正飼育が要となっています。