足長基金支援対象犬猫



足長基金支援についてはこちらをごらんください

*足長基金対象犬猫2014(H26)年


2014年12月末現在


<足長新顔さん>
野良猫だったジンジャーは、当会での暮らしにまだ緊張しているようですが
時間が経てば甘えてくれそうです。
残念ながら猫エイズ感染症キャリアと判明しました。
2年前、飼い主に放棄され保健所に収容されていたモア。
保護時は体重オーバーでヘルニアの疑いもあり、健康のためダイエットしました。
今月で推定年齢が10歳となりました。
2匹とも健康に配慮して健やかな日々を過ごせますよう
足長組に加えさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。




ジンジャー オス 推定5~7歳
しっぽの会引取り預かり




モア メス 推定10歳
滝川保健所




2014年11月末現在

<足長新顔さん>
身体が汚れ毛艶もなく、過酷な野良生活を送ってきたようです。
ファニーフェイスがかわいいシロですが、残念ながら猫エイズ感染症キャリアと判明しました。
健康に配慮して健やかな日々を過ごせますよう足長組に加えさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。





シロ オス 推定4~6歳
しっぽの会引取り預かり


<嬉しいお知らせ♪>
ビートは、今年の2月に札幌の動物管理センターに迷子猫で収容されていました。
飼い主さまは、最初は子猫を希望されていたのですが、
当会で色々な成猫たちと面会され、
ビートを見て何かビビッと感じたそうです。
人懐っこい性格やスリスリと物怖じせずに
甘えてきてくれるビートを気に入ってくださいました。
小春は、滝川保健所から当会に来てから3年が経ち、
なかなか出逢いがありませんでしたが、やっと大きな春が来ました!
飼い主さまは、昨年当会を卒業したクロスケちゃんの飼い主さまで、
クロスケちゃんと一緒に同じ猫エイズキャリアの相性の良い猫をとお見合いされ、
小春を気に入ってくださいました。
ビート、小春、本当におめでとう!たくさん可愛がってもらってね。
飼い主さま、本当にありがとうございました<(_ _)>

  


ビート オス 推定5歳
札幌市動物管理センター




小春 メス 推定5歳
滝川保健所

<悲しいお知らせ>
10月上旬より体調を崩し入退院を繰り返し、
預かりボランティアさんの元で最期の時間を過ごしていたツヨシですが、
11月5日朝、天国へと召されました・・・。
ツヨシは5年前に当会を卒業した旧名ボブで、
今年4月から飼い主さんの事情で当会で暮らしていました。
10月上旬、食欲がなく吐いて元気がないため入院、
その後も体調が優れず再入院しました。
重度の腎不全で、ツヨシに残された時間が長くないことを知った預かりボランティアさんは、
自宅に連れて帰ってくださり、ツヨシにとっては
至福の時だったと思います。
ハチは2012年5月に飼い主さんの事情により
当会で新しい家族を募集することになりましたが
来た時点で年齢は13歳と高齢、性格も気難しいこともあり
なかなかいい出会いもありませんでした。
今年の夏に入り、食事や体調にムラが出るようになり、
亡くなる前日の11月24日の朝には呼吸も苦しそうで病院へ行きました。
飼い主さんも会いに来てくださいました。
しかしお薬や治療の甲斐なくスタッフが出勤した翌日の朝、亡くなってしまいました。

これまで、ツヨシとハチを応援、ご支援してくださった皆さま
本当にありがとうございました。
皆さまと、ツヨシとハチの冥福をお祈りしたいと思います。





ツヨシ オス 享年10歳 
しっぽの会引取り預かり





ハチ オス 享年15歳 
しっぽハウスより委託


2014年10月末現在

<足長新顔さん>
センターに収容されていた2匹ですが、お迎えも新たな出会いもありませんでした。
パロンは、視力はなく肛門周囲の腫瘍から出血して最悪の健康状態でした。
ロイの歯はほとんど無く、左上顎に古い傷があり膿の塊が骨膜を溶かしてしまったようで
骨が見えるほどの穴が開いています。
2匹とも健康に配慮して健やかな日々を過ごせますよう足長組に加えさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。





パロン オス 推定11~13歳
札幌市動物管理センター




ロイ オス 推定11~13歳
札幌市動物管理センター

<嬉しいお知らせ♪>
今年6月に今金保健所に収容されていたロータスは、野良猫のため
譲渡対象から外された崖ぶちの命でした。
当会で引き取り時、身体中にたくさんのダニがついていましたが、
飼い主に捨てられ放浪していたのでしょうか。
飼い主さまは猫を飼うのは初めてで、保健所に出向いた際に
『初めてなら子猫より成猫の方が飼いやすいのでは』とのアドバイスをいただき、
成猫を迎えようと思われたそうです。
ロータス、本当に良かったね!飼い主さま、ありがとうございました!

  


ロータス オス 推定2~3歳
今金保健所

<悲しいお知らせ>
10月2日の明け方、ティファが虹の橋へと旅立ちました。
昨年6月から預かりスタッフの自宅で、余生を静かに過ごしていましたが、
今年春頃から寝たきりになり、
最近は強制給餌をしなければ自力で食事が出来ませんでした。
亡くなる前日にはもう水も飲めなくなり、2日朝方静かに亡くなりました。

10月11日にはピーチが虹の橋へ旅立ちました・・・
亡くなる前日まではいつも通り普通に過ごしていましたが、
11日の朝、急に食欲と元気がなくなり、
グッタリしたので急いで病院に連れて行きましたが
その日の夕方にあっという間に息を引き取ってしまいました・・・
高齢で腎臓病とエイズ感染症と病気を持ちながらも、ここまでがんばってくれました・・

これまでティファとピーチを心配、応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました。
皆様とティファとピーチの冥福をお祈りしたいと思います。






ティファ メス 享年15歳 
しっぽハウス






ピーチ オス 享年13~15歳 
旭川市動物愛護センターあにまある





2014年9月末現在

<足長新顔さん>
野良猫で保護され当会にやって来たラテ。
元々は飼い猫だったようで、人にとても馴れています。
口内炎が酷く、今はご飯を食べてますが、今後ケアが必要になると思われます。
保護時妊娠猫で、出産し母になったラテ。
残念ながら猫エイズ感染症と分かりました。
健康に配慮して健やかな日々を過ごせますよう足長組に加えさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。





ラテ メス 推定8~11歳
しっぽの会引取り預かり



<嬉しいお知らせ♪>
当会で一番の古株、お局様と呼ばれていたなっちゃんがめでたくしっぽを卒業しました♪
なっちゃんは、推定11歳の野性味満々のエイズ感染症の猫ですが、
今では撫でられるのが好きになりました。
当会の預かりスタッフは、出会いのないなっちゃんをずっと不憫に思い
先日、なっちゃんの口内炎が酷くなり、
ケアも必要なのでお迎えしていただけることになりました。
初日は緊張して寝ないし怒っていたそうですが、翌朝はスリスリ普通に戻ったそうです。
なっちゃん、本当に良かったね!飼い主さま、ありがとうございました!
  


なっちゃん メス 推定11歳
しっぽの会引き取り預かり



<悲しいお知らせ>
9月は、悲しいお知らせが続きました。
真夏の路上を放浪していた天羽(あまね)は、乳腺腫瘍が広範囲に広がり肺にも転移
余命数ヶ月の宣告を受けましたが、預かりスタッフ宅で3週間過ごしたのち、亡くなりました。
4月から預かりボランティアさんのもとで暮らしていたロイズは
心臓や腎臓が悪く、腸の働きも良くなく、何とか薬の力を借りながら過ごしてきましたが
ついに薬も効かなくなりました。ロイズは家庭の温かさを十分に味わって
たくさんの思い出とともに天国へと旅立ったのだと思います。
チョビは、今年4月から預かりスタッフのお宅でケアしてもらっていましたが
前庭障害や痴呆のような症状とも闘いながら
最期は預かりスタッフに看取られ天国へと召されました。
今年1月、紋別保健所から引取りした紋音(もね)でしたが
6月末から体調を崩しどこかに腫瘍がある可能性が高いとの診断でした。
9月に入ってから、また食欲不振で弱り
入院し治療を続けましたが、入院先の病院で亡くなりました。
皆様と、天羽(あまね)、ロイズ、チョビ、紋音(もね)・・4匹の冥福をお祈りしたいと思います。
今まで応援、ご支援くださりありがとうございました。





天羽(あまね) メス
享年推定10歳~
岩内保健所




ロイズ オス
享年推定12歳
滝川保健所




チョビ オス
享年推定12歳
岩見沢保健所



紋音(もね) メス
享年推定13歳
紋別保健所


2014年8月末現在

<足長新顔さん>
フレアは釧路保健所に迷子で収容されましたが、お迎えも出会いもありませんでした。
右目は白内障で視力が無く、左目も弱いようです。
タケルも釧路保健所に迷子収容されていましたが、左前肢が骨肉腫になっており
当会で断脚手術を行いました。
野良猫として今金保健所に収容されたロータスは
残念ながら猫エイズ感染症キャリアでした。
元繁殖犬と思われる天羽(あまね)は
ボロボロの状態で岩内保健所に収容されていましたが
引取り直後の診察の結果、腹部の末期がんで余命宣告を受けました。
現在は預かりスタッフのお家で、穏やかな時間を過ごしています。
4匹とも健康に配慮して健やかな日々を過ごせますよう
足長組に加えさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。




フレア オス
推定12~14歳
釧路保健所





タケル オス
推定10~12歳
釧路保健所



ロータス オス
推定2~3歳
今金保健所



天羽(あまね)メス
推定10~歳
岩内保健所

<嬉しいお知らせ♪>
8月しっぽを卒業したのは、渡島総合振興局から6月に引取りしたルピー。
由仁保健所から去年12月に引取りしたサンタ。
滝川保健所から去年8月に引取りした猫のトーイ。
高齢になって引っ越しを理由に飼い主から当会へ委託されたテツ。
テツは、会に来て早々に卒業となりました。
皆それぞれにハンデがありながらも
ご理解のある飼い主さまと幸せな出会いがありました。
飼い主の皆さま、ありがとうございました。
ルピー、サンタ、トーイ、テツ!おめでとう!いっぱい幸せになってね!



ルピー オス
推定10歳
渡島総合振興局



サンタ オス
推定10歳
由仁保健所




トーイ オス
推定10歳
滝川保健所





テツ オス
13歳
しっぽの会引取り預かり



<悲しいお知らせ>
心臓が悪く、何度も腹水が溜り危なかったダック。
8月4日、とうとう虹の橋へ旅立ちました。
危篤になっても何度も復活できたのは
家族同然だった預かりスタッフとまだまだ一緒に居たかったからだと思います。

8月8日にはコロが虹の橋へ旅立ちました。
5月にお腹に腫瘍が見つかり、開腹しましたが既に手の付けられない状態でした。
預かりを申し出てくれたスタッフに支えられ
最期の時を過ごせたと思います。

本当の家族に巡り合えぬまま亡くなってしまった2匹でしたが
心優しい預かりスタッフのもとで家庭の暖かさを十分に感じることが出来ました。
ダックとコロを心配、応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました。
皆様とダックとコロの冥福をお祈りしたいと思います。




コロ オス 享年13歳 
しっぽハウス





ダック オス 享年13歳 
札幌市動物管理センター




<足長新顔さん>
飼い主に放棄され、由仁保健所から引取りしたバナーは、
推定12歳と高齢なうえ緑内障で乳腺腫瘍もありました。
札幌市動物管理センターから引取りしたミニチュアダックスのハピネスは、
脳に障害がある可能性があり、両目の視力も弱そうで経過の観察が必要です。
コーギー系ミックスのココは、出会いの無いまま当会で4年が経過、
11歳と高齢となりました。
3匹とも健康に配慮して健やかな日々を過ごせますよう、
足長組に加えさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。



バナー メス 推定12歳
由仁保健所





ハピネス メス 推定4~5歳 
札幌動物管理センター



ココ オス 推定11歳
しっぽハウス

<嬉しいお知らせ♪>
7月しっぽを卒業したのは、深川保健所から6月に引取りした猫のサーちゃんです。
猫エイズ感染症のキャリアでしたが、幸せな出会いがありました。
飼い主さま、ありがとうございました。
サーちゃん、おめでとう!いっぱい幸せになってね!
  


サーちゃん オス 推定2~4歳
深川保健所


サーちゃんと他3兄弟は、避妊手術を施されないまま家畜舎で餌付けだけされ
無秩序に繁殖し手に負えなくなったため保健所に放棄されました。
4兄弟とも性格はとても人懐こく、中でもサーちゃんは落ち着きがあり
人が好きで撫でられることが好きですが、マイペースな性格でもありました。
猫エイズ感染症キャリアでしたが、
亡くなってしまったワーちゃんの分まで、幸せになってね。

 

<悲しいお知らせ>
襟裳のD型ハウスに繋がれ、ご飯と一緒に置き去りにされ、保健所に収容されたムート。
7月14日に当会で引取りましたが、ふらつきが酷く自力歩行が困難
瞳孔が縮みっぱなしで頭に傾きがあり、神経症状の疑いとのことでそのまま入院しました。
病院で点滴をしていましたが、グルグル動き回るため点滴の針が抜けてしまい、
会で皮下点滴をすることとなり17日に退院してきました。
翌朝、スタッフが出勤した8時過ぎには瞳孔が開いた状態で息もしていませんでした。

ワーちゃんは6月6日の保護時から食欲不振や体調不良などがみられ、
入退院を繰り返していましたが、腎臓の数値がかなり悪く腎不全と思われました。
当会で皮下点滴を続け、食欲が出てくれたならと願っていましたが
回復することなく7月6日の朝、力尽きてしまいました。

本当の家族に巡り合えぬまま亡くなってしまった2匹でしたが
悲しい思いをする子がこれ以上増えませんよう2匹のことは忘れません。
ムートとワーちゃんを心配、応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました。
皆様とムートとワーちゃんの冥福をお祈りしたいと思います。






ムート オス 享年12歳 
浦河保健所






ワーちゃん オス 享年2~4歳
深川保健所



2014年7月末現在
<足長新顔さん>

旭川市動物愛護センターあにまあるから一緒に保護した13匹のうちの2匹です。
ピーチは高齢のうえ、猫エイズ感染症のキャリアで収容中も体調を崩していたようです。
マンゴーも高齢で、引き取り後の診察では極度の貧血と
レントゲン撮影で胸に影が確認され、治療方針を検討中です。
2匹が健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、
足長組に加えさせていただきます。




ピーチ オス 推定13~15歳 
旭川市動物愛護センターあにまある






マンゴー メス 10~13歳 
旭川市動物愛護センターあにまある




2014年6月
<足長新顔さん>

渡島総合振興局から引取りしたルピーは、
会陰ヘルニア、前立腺、直腸憩室と病気だらけでしたが、
先日手術を終え、病状は回復してきました。
野良猫だったクロミンは、残念ながら猫エイズ感染症キャリアと判明いたしました。
2匹が健康に気を配り良い状態でご縁を待てるよう、
足長組に加えさせていただきます。






ルピー オス 推定10歳 渡島総合振興局






クロミン オス 2歳 しっぽの会引取り預かり


<嬉しいお知らせ♪>

5月しっぽを卒業したのは5匹の猫エイズ感染症キャリアの猫たちです。
そのうちの一匹、クロは当会のスタッフが高齢で病気がちなクロを気にかけ、
家族に迎え入れましたが、2週間後に天国へと旅立ちました。
皆様とクロの冥福を心よりお祈りしたいと思います。
家族になった幸運な4匹は、
やはり猫エイズ感染症キャリアのシィ・ミッチー・マシュ・イチゴです。
飼い主さまは、ハンデのある子をと4匹を家族に迎えてくださいました。
ご理解ある飼い主さまに出会えた4匹は最高に幸せです。
飼い主さま、ありがとうございました。
シィ・ミッチー・マシュ・イチゴ、おめでとう!いっぱい幸せになってね!

  


 
クロ メス 享年推定11歳
  しっぽハウスより委託
  

 クロはもと野良猫でしたが、
保護されて当会にやってきました。
体調が優れず、
点滴で命を繋いでいたクロ。
引取りしたスタッフのもとから、
2週間後に天国へと旅立ちました。
皆様とクロの冥福を
心よりお祈りしたいと思います。

   


  
シィ オス 推定2歳 
  滝川保健所
 

 シィは6匹兄妹で保健所に収容されていましたが、兄妹は貰われシィだけ会で過ごしていました。
兄妹の中で一番賑やかで
活発だったシィ。
猫エイズ感染症キャリアでしたが、
ミッチー、マシュ、イチゴと一緒に大切な家族になりました♪


    


 
ミッチー オス 推定6歳
 札幌市動物管理センター


 センター収容時のミッチーは
痩せてガリガリで、
肺炎に罹っていましたが、
その後、回復し元気になりました。
性格は甘えん坊で人懐こい子でした。
猫エイズ感染症キャリアでしたが、
シィ、マシュ、イチゴと一緒に大切な家族になりました♪

  


マシュ オス 推定4歳
 由仁保健所


 飼い主に保健所に放棄されたマシュでしたが、保健所に収容時から、
別な飼い主に放棄されたイチゴと、
大の仲良しでした。
大きめの体格は存在感たっぷりで心も広い大らかな子でした。
猫エイズ感染症キャリアでしたが、
シィ、ミッチー、イチゴと一緒に大切な家族になりました♪

   


  
イチゴ メス 推定4歳 
 由仁保健所 


 飼い主に保健所に放棄されたイチゴでしたが、保健所に収容時から、
別な飼い主に放棄されたマシュと、
大の仲良しでした。
最初は臆病な性格だったイチゴも、
次第に甘えん坊になりました。
猫エイズ感染症キャリアでしたが、
シィ、ミッチー、マシュと一緒に大切な家族になりました♪


    
    
  














































TOPへ戻る